ローマ法王がオスマン帝国の歴史に「ジェノサイド」 トルコ政府が猛反発

ざっくり言うと

  • ローマ法王は12日、アルメニア人殺害を「ジェノサイド」と表現した
  • 100年前のオスマン帝国によるアルメニア人大量殺害についての発言
  • トルコ政府は強く反発、法王の認識は「史実から懸け離れている」と批判した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング