AIIB不参加に「焦る必要ない」と指摘 日本と米が必要とされる時が来る?

ざっくり言うと

  • AIIBへの参加について、日本は焦る必要はないと筆者は述べている
  • アメリカと日本が参加しないのは、AIIBにとって致命的な欠陥になるという
  • 中国が参加を求めてきた際に主導権を握れるかどうかを見極めればいいと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング