スピースは4打差を守りきることができるか?(Photo by Andrew RedingtonGetty Images)

写真拡大

<マスターズ 最終日◇12日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子メジャー初戦「マスターズ」はいよいよ最終日を迎えた。3日目を終えた時点で54ホールのマスターズ最少ストローク記録を更新したジョーダン・スピース(米国)がトータル16アンダーで首位。2位のジャスティン・ローズ(イングランド)に4打差をつけて完全優勝に王手をかけている。仮にこの日19アンダーまでスコアを伸ばしての優勝となればマスターズ史上最少優勝ストローク記録も更新することとなる。

 それでもスピースのグリーンジャケットに向かう道は安泰ではない。トータル11アンダーの3位には過去3勝のフィル・ミケルソン(米国)、10打差がついているものの復帰戦のタイガー・ウッズ(米国)、世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)が控えている。序盤から追撃を受けることになればスピースも大きなプレッシャーを受けることになりそうだ。
 もちろんトータル5アンダーの10位タイからスタートする日本の松山英樹に期待が集まる。「60台を出したい」と意気込む最終日にどこまで上位を追撃できるか注目だ。松山は14時10分(日本時間3時10分)にダスティン・ジョンソン(米国)と共にティオフを迎える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>