<スタジオアリス女子オープン 最終日◇12日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,376ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー第6戦「スタジオアリス女子オープン」は最終日に大会コースレコード“64”をマークした成田美寿々がトータル9アンダーで逆転優勝。首位から出た藤田光里はトータル7アンダーで2位、3位にはトータル4アンダーでフィニッシュした菊地絵理香が入った。
菊地絵理香の特選PHOTOを写真館でチェック!
 以下に主要選手のコメントを掲載する。
●菊地絵理香(トータル4アンダー3位)
「今日はショットが良くなかったけど、パッティングが3日間良かったので、そこが良かったと思います。でも最後の18番が3日間ボギーだったので来年こそは攻略したいですね」
●森田理香子(トータル2アンダー5位)
「(10番パー5)イーグルは嬉しかったです。ショットはまだ不安なところがあるし、思いっきり振れない所もあるので、大事なところで振っていければ。ショットが曲がったけど今週はリカバリーができて良かった。来週はお休みなので、練習して少しづつ自信をつけていければ」
●岡村咲(トータル2オーバー15位タイ)
「最終日最終組は想像とは違いました。もっとピリピリかと思ったけど、同級生の成田さんと一緒の組でいつもと変わらないゴルフができてホッとしています。(多くのギャラリーの中でプレーして)これがプロなんだなと。見てもらえて喜んでもらえて、見てもらうだけじゃなくて喜んでもらえて初めてプロだと思うので」
●西智子(トータル2オーバー15位タイ)※ベストアマ
「今日はショットが悪かったので耐えるゴルフでした。パットが入ってくれたので、何とかなってた部分はあります。60台で回れて自信になったけど、もっとショットの精度を上げるとか課題もいろいろありますし、プロテストも5月6月に二次予選があるので、しっかり練習していきたいです」
<ゴルフ情報ALBA.Net>