「スマホやめますか、信大やめますか」。信州大学入学式での学長挨拶がネットで話題になった。批判されるようなおかしな内容だろうか。「むしろ素晴らしい」と、作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が語る。

 * * *
 少し前の話ですが、4月4日に行われた信州大学の入学式における山沢清人学長の挨拶が話題になりました。4月5日の「スマホやめるか、大学やめるか」という見出しの朝日新聞の記事がネット上で拡散し、賛否を呼びました。

 4月から千葉商科大学国際教養学部の専任講師に就任し、本格的に大学人としてのキャリアを歩み始めた私に言わせると、このニュース、今の大学、学生、メディアを語る上で絶好の材料です。様々な角度から、徒然なるままに語ることにしましょう。

【入学式がニュースになった件、実はこれがすごい】

 まず、この件で注目すべき点は、そもそも入学式がニュースになったということです。これはすごいことですよ。

 大学は広報機能を強化しており、ポジティブなニュースがメディアに載るよう努力しています。入学式も広報の頑張りどころです。ただ、全国には約780もの大学があるわけで、東大を頂点とした有名大学が全国紙に取り上げられる他は、その地域を代表する大学が地方ブロック紙、地方紙に載るくらいです。ざっくり計算ですが、約95%の大学の入学式はメディアからスルーされます。

 今回、大学の入学式で全国区の話題になったのは、この信州大学と、つんく♂さんが登場し、喉頭がん治療のために声帯除去したことをその席でカミングアウトした近畿大学くらいでしょう。「良い話」をしている学長はたくさんいるのに、ここまで全国にメッセージが届いた例はなかなかありません。

 まず、ニュースになったことを評価すべきだと思います。それくらいメッセージが明確だったということでしょう。

【脊髄反射するネット民 そして全文掲載の価値】

 ネット民は、タイトルだけで脊髄反射する。この件でもその習性が可視化されました。「スマホやめるか、大学やめるか」というタイトルだけがひとり歩きしました。

 この件、朝日新聞のサイトでは、入学式の概要を報じたニュース(今回ネットで拡散したニュース)と、学長のスピーチ全文を両方掲載したのですね。概要の本文を読むだけでもだいぶ印象は変わります。

 山沢学長は、昨今の若者世代がスマートフォン偏重や依存症になっている風潮を憂慮。「スイッチを切って本を読み、友だちと話し、自分で考える習慣をつけ、物事を根本から考えて全力で行動することが独創性豊かな学生を育てる」と語りかけた。
(朝日新聞デジタル 2015年4月5日17時03分掲載記事より抜粋)

 スマホをやめるか、大学をやめるかと極端に迫っているわけではありません。全文を読むとさらに印象は変わります。ICTの活用などについてもふれており、スマホを否定しているわけではありません。

 朝日新聞の見出しを「ミスリードだ」と批判する声も見受けられました。たしかに、やや誇大かなとも思います。ただ見出しというものは、内容をわかりやすく、読みたくなるようにまとめるものです。そもそもそう割り切って読むべきではないでしょうか。

 最近良く見かける「全文掲載」ですが、これは様々な誤解を解消する効果があります。元のソースを読んで判断するというのは大事な姿勢だと思いました。すべてはそうできませんが。

 この記事自体が、大学生のメディア・リテラシーの良い教科書だと感じた次第です。

【スマホの電源を切れは正しい】

 ここで、大学生とスマホについて考えてみたいと思います。

 私の見解は、大学での学業においては、信州大学山沢学長が仰るとおり、スマホのスイッチを切る時間、少し距離を置く時間も必要だと思います。言うまでもなくスマホは便利です。ただ、大学における学びでは、書籍を広げて考え事をしたり、仲間と議論する時間も必要です。書籍は情報収集のツールだけではありません。考えるパートナーなのです。これに向き合い、考えることが重要なのです。研究・教育に熱心な先生は、安易な情報収集手段に走ることを危惧していると言えるでしょう。

 ただ、学生がこれだけスマホ依存になってしまうという現実は、単に「けしからん」というだけではなく、直視すべきです。そこには、想像をこえた利便性や、中毒性があります。ここも理解しておきたいところです。

【講義中のスマホをどうすれば良いかという問題】

 大学教員の現実的な悩みを話しましょう。それは、講義中のスマホをどうするかという問題です。これは、禁止にするべきものなのでしょうか。答は簡単ではありません。

 先日、他大の教員との飲み会(私の就職お祝い会です)で話題になったのが、このスマホ問題です。私も含めて参加した教員の間で出たのは「講義中の私語はNG。だが、居眠りとスマホいじりは容認」という結論でした。判断基準はこうです。私語は他の学生に迷惑がかかります。ただ、居眠りとスマホいじりに関しては、そこに走らないような面白い、中身のある講義をしろよ、と。これは教員の自己責任ではないかと思うのです。

 講義中のスマホは、必ずしも悪だと言えない部分があります。というのも、関連したキーワードをその場ですぐに調べるなどの点において有効だからです。

 最近の大学の教室ではWi-Fiが飛んでおり、学生はPCやタブレットをつなぎ、その場で調べつつ、メモもこれでとります。企業の会議もそうなってきていますね。この利便性も否定してはいけないと思うのです。

 今回の信州大学の学長スピーチとその広がり方は、大学の現実を考える上でもメディア・リテラシーを考える上でも良い教材だと思いました。一大学教員としては、スマホの中毒性に負けないような、意味のある講義をする、良い教科書となる本を書くと改めて決意した次第です。はい。皆さんはどう思いましたか?