ドルトムント、ボルシアMGに敗れる クロップ監督「最悪だ」

ざっくり言うと

  • ドルトムントが11日、ボルシアMGに敵地で1−3で敗れた
  • クロップ監督は開始28秒で失点するなど、試合の入り方を「最悪」と評した
  • 香川真司が決定機を外すなど、チャンスを生かし切れない場面が続いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング