トウモロコシをムダなく水素燃料にする技術、開発される

写真拡大

ヴァージニア工科大学の研究チームが、トウモロコシに含まれる糖質を余すところなく燃料にする技術を開発した。水素経済の実現に向けた重要なステップになる、と開発者は言う。

「トウモロコシをムダなく水素燃料にする技術、開発される」の写真・リンク付きの記事はこちら

いままでは捨てられていたような植物からクリーンエネルギーをつくることで、街を走る水素燃料車が増え、従来のガソリンスタンドがなくなるかもしれない。

ヴァージニア工科大学のチームがシェル石油から資金を得て行った研究で、収穫後のトウモロコシの茎や穂軸、殻といった使われない部分に含まれる糖質を使って、水素燃料を効率的につくり出す技術を開発した。

これまでは発酵微生物や工業触媒を使っても、トウモロコシの糖質の30〜60%しか水素にすることができなかった。しかし、今回の方法では糖質を100%活用できるという。

ヴァージニア工科大学生物システム工学部の教授であり、新興企業セルフリー・バイオイノヴェイションズ社の共同創設者でもあるパーシヴァル・チャンは、「われわれは水素経済の実現に向けた最も重要なステップ、すなわち地域のバイオマス資源を使って、リーズナブルなコストで環境に優しい水素をつくり出す方法を明らかにしました」と研究成果について語る。

Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載されたこの研究によると、研究者たちは遺伝子アルゴリズムを使うことで、トウモロコシに含まれる糖質を水素と二酸化炭素に分解する方法を分析したという。

トウモロコシの捨てられる部分、すなわちバイオマスでつくり出される水素ガスは燃焼しても水しか出ないため、ガソリンに代わるクリーンな燃料だと考えられている。水素で走る燃料電池自動車も、環境に優しい未来の自動車として開発が進んでおり、すでに「BMW 745h」や「Honda FCX」(日本語版記事)などが登場している。

チャン教授は、『The Independent』紙に対して次のように語っている。「さらに資金が集まれば、あと3〜5年で、1日200kgの水素燃料を製造できるステーションを開発できるだろう。約40〜50台の車に燃料補給ができる量だ」

関連記事トヨタ「燃料電池車」を米国で発売へ

TAG

BioFuelHydrogenFuelScienceWIRED UK