<マスターズ 2日目◇10日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子メジャー「マスターズ」の2日目。1アンダーの18位タイからスタートした松山英樹は1イーグル・3バーディ・3ボギーの“70”とスコアを2つ伸ばし、トータル3アンダーの12位タイで予選通過を果たした。

 スタッツを見ると各部門に置いて軒並み上昇。特に初日課題としたティショットの方向性、飛距離とも改善がみられることがわかる。一方でパッティングに関しては初日と同じスタッツ。バーディチャンスを決めきれずフラストレーションをためる場面も多かった2日間だけに上位追撃のカギはやはりグリーン上が握りそうだ。
【2015年大会2日目スタッツ】
・スコア:70(-2:total-3)
・フェアウェイキープ率:64.3%(↑初日57.1%)
・パーオン率:72.2%(↑初日66.7%)
・サンドセーブ率:100%(↑初日33.3%)
・ドライビングディスタンス:294ヤード(↑初日288ヤード)
・パット数:29 (平均1.61)(初日29 平均1.61)
【過去3大会のデータ】
2011年:27位タイ
フェアウェイキープ:62.5%、パーオン率:63.9%、平均パット:29.50
2012年:54位タイ
フェアウェイキープ:73.2%、パーオン率:56.9%、平均パット:29.50
2014年:予選落ち
フェアウェイキープ:82.1%、パーオン率:66.7%、平均パット:34.50
【マスターズ通算データ】
最もスコアを伸ばしているホール:3番(通算-4)
最もスコアを落としているホール:18番(通算+6)
パー3通算スコア:+4
パー4通算スコア:+16
パー5通算スコア:-5
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたの選ぶ今季のマスターズ優勝者は?