「神の手 ● ニッポン展」目黒雅叙園・百段階段で開催 - 人間離れした技術を持つ日本人作家の合同展

写真拡大

展覧会『神の手 ● ニッポン展』が、目黒雅叙園の東京都指定有形文化財「百段階段」で開催される。期間は2015年5月29日(金)から6月28日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

今回行われるのは、"神の手"の名にふさわしい腕を持つ、日本人作家6人の合同展。会場には、匠を感じるような日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、意欲的に創作活動を行ってきた現代のアーティストたちの作品を一堂に集めた。とても人間技とは思えない高度な技術に裏打ちされた作品群は、日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさを見る人に気づかせてくれるだろう。

参加アーティストは6人。ペーパーアーティストの太田隆司やビーズアーティストの金谷美帆、ミニチュアハウスアーティストの島木英文、立体切り絵アーティストのSouMa、ポップアップアーティストのHIROKO、ジオラマアーティストの山田卓司が登場する。さらに、趣旨に賛同した詩人・谷川俊太郎が、作家たちの作品を目にして書きおろした詩「もし神に」も展示される。

会場である 目黒雅叙園内の文化財「百段階段」も見どころだ。昭和10年に当時の"神の手"によって建てられた「百段階段」は、階段廊下南側に7つの部屋が連なっていて、各部屋には樹齢数100年を超える床柱、天井や欄間には当代の著名な作家たちによる世界が描かれている。昭和初期における美と高い技術力を見ることができる空間だ。

そしてこの7つの部屋には、現代の6人のアーティストが一部屋ずつ作品を展示。残る最上階の部屋では「神の手 ● ニッポン展」全体を俯瞰できる展示構成となる。

【開催概要】
神の手 ● ニッポン展
開催期間:2015年5月29日(金)〜6月28日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00〜18:00(最終入館17:30)
会場:東京都指定有形文化財「百段階段」
入場料:当日 1,200円/前売 1,000円/学生 600円
※小学生以下無料

【問い合わせ先】
TEL:03-5434-3140
(10:00〜18:00 イベント企画)

■アーティスト紹介
・太田隆司/ペーパーアーティスト
日本大学芸術学部デザイン学科在学時より自動車のイラストを描きはじめ、卒業後ペーパーアート作品の制作に専念。テレビ東京の「TVチャンピオン」ペーパークラフト王 選手権にて優勝するなど、多数の受賞歴を持つ。

・金谷美帆/ビーズアーティスト
テレビアナウンサーを経て、1998年よりビーズ創作活動を始める。代表作として「総ビーズ織り和衣裳」(165万余粒使用)、「総ビーズ織り六曲屏風 鎌倉」(2009年ギネス世界記録認定。206万3738粒使用)などがある。

・島木英文/ミニチュアハウスアーティスト
ミニチュア工房「カサ・デ・トンタ」主宰、岩国市で活動。元建築士と言う経歴を生かして、古民家を20分の1で忠実に再現。受賞歴:第15回ユザワヤ創作大賞展金賞、第18回ハンズ大賞入選ほか多数。

・SouMa/立体切り絵アーティスト
美術やデザイン関係の学校で学んだ経験はなく、全て自身の感性に任せて作品を創作。唯一無二の独創的な作風は非常に多岐に渡っており、従来の「切り絵作家」という枠を完全に超えた創作活動を展開している。現在、松江観光大使でもある。

・HIROKO/ポップアップアーティスト
90年代前半、ポップアップに出合い、独学で仕組みを研究、制作を始める。2005年第15回紙わざ大賞準大賞受賞を機に本格的に制作を再開。2007年経済産業省を退省し、ポップアップアーティストへ転身。現在、国内外で作品が紹介されている。

・山田卓司/ジオラマアーティスト
プロデビュー以前より田宮模型主催「人形改造コンテスト」の常勝メンバーとして名を馳せる。TVチャンピオンプロモデラー選手権で最大3連覇、5回優勝。その情景を切り取るセンスのよさから「情景王」の異名をとる。