フランス大使をバチカンが拒否 同性愛者であることが理由?

ざっくり言うと

  • ローマ法王庁が、仏の次期駐バチカン大使の信任を拒んでいると報じられた
  • 同性愛者であることが理由とみられるが、バチカン側はノーコメントを貫く
  • 法王自身は同性愛に寛容だが、教会内では改革派と保守派に根強い対立がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング