アジア2次予選の組み合わせ抽選のポット分け決定! 日本はポット1

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は10日、9日のFIFAランキング発表を受けて、ロシアW杯アジア2次予選のポットが決まったことを発表した。日本はポット1に入った。2次予選の組み合わせ抽選会は14日に行われる。

 2次予選はFIFAランキングをもとにシードされた34チームと、1次予選を勝ち上がった6チームの計40チームで行う。40チームを8組に分け、ホーム&アウェー方式の総当たり戦を6月から来年3月にかけて行い、各組1位8チームと各組2位のうち成績上位4チームの計12チームが来年9月から行われる最終予選へと進む。

 今回のポット分け決定により、日本と同じくポット1に入ったイラン、韓国、オーストラリア、UAE、ウズベキスタン、中国、イラクの8か国とは2次予選で同じグループにはならないことが決定している。

 以下、ポット分け一覧

▼ポット1

イラン、日本、韓国、オーストラリア、UAE、ウズベキスタン、中国、イラク

▼ポット2

サウジアラビア、オマーン、カタール、ヨルダン、バーレーン、ベトナム、シリア、クウェート

▼ポット3

アフガニスタン、フィリピン、パレスチナ、モルジブ、タイ、タジキスタン、レバノン、インド

▼ポット4

東ティモール、キルギス、北朝鮮、ミャンマー、トルクメニスタン、インドネシア、シンガポール、ブータン

▼ポット5

マレーシア、香港、バングラデシュ、イエメン、グアム、ラオス、カンボジア、チャイニーズ・タイペイ