「イスラム国」がシリア中部の村から50人の住民を拉致し人質に

ざっくり言うと

  • 「イスラム国」がシリアの村の住民50人を人質にとっていると10日、分かった
  • 3月31日に村から拉致し、解放交渉は行き詰まっているという
  • 監視団の代表は「女性は奴隷にされている恐れがある」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング