【錦織圭】今期の意気込みを直撃! “LIXIL”グローバル・パートナーシップ契約発表会ロングレポート

写真拡大

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が株式会社LIXIL(リクシル)と3年間のグローバル・パートナーシップ契約を結ぶことになり、4月10日(金)に都内で記者発表会が開催されました。LIXILグループ取締役 代表執行役社長兼CEOの藤森義明氏が出席し、錦織選手は拠点を構えるアメリカ・フロリダ州のIMGアカデミーからの二元中継により生出演しました。

錦織圭が生登場! 写真ギャラリーを見る(11点)

LIXILは「トステム」「INAX」「新日軽」「サンウエーブ」「TOEX(旧 東洋エクステリア)」という暮らしや住まいを支えるブランドがひとつになって2011年に誕生。住宅やビルの建材、設備機器の製造、販売及び関連サービスを提供し、国内のみならずグローバルに展開しています。

錦織選手は昨年の全米オープンで、アジア出身の選手としては初のファイナリストになるなど、世界を舞台に戦いを続けており現在、世界ランキング4位。今年もさらなる活躍が期待されています。

共にグローバルな舞台での飛躍を目指しているという共通点もあり、このたび3年にわたるグローバル・パートナーシップ契約を締結。錦織選手は4月20日より開幕する「バルセロナ・オープン」から、ユニフォームの左肩に「LIXIL」のオレンジ色のロゴを付けて試合に臨むことになります。

LIXILの公式サイトでも特集ページを展開。錦織選手ファンにはたまらない豪華記念グッズが当たるキャンペーンを実施するなど、互いのリレーションシップを強くアピールしています。

まず会見には藤森社長が登壇。

「世界で活躍されている錦織選手とのグローバル・パートナーシップ契約を嬉しく思います。錦織選手は積み重ねてきた経験と養ってきた技術でこれから世界を代表するテニスプレイヤーになられると思います。

我々も、住宅・ビル建材で世界No.1を目指して驀進していきたいと思っています。そんなところで重なることもあり、このグローバル・パートナーシップ契約を結んで、錦織選手を応援しながら世界を目指していきたいと思っています」と語りました。

フロリダから中継でスクリーンに登場した錦織選手は「フロリダは夜9時過ぎです」とニッコリ。今回の契約締結について「大変光栄です。世界No.1を目指されているLIXILさんにスポンサーになっていただき、世界の頂点を目指している私としても身が引き締まる思いです。共に世界の頂点を獲得できればと強く思っております」と喜びを語りました。

クレーコートでのシーズンの幕開けとなるバルセロナ・オープンで昨年、錦織選手は優勝を果たしており「相性もいいので、LIXILさんと共に、そこからスタートできることで、勢いがつくと思います!」と意気込みを口にしました。

■日本のトイレの素晴らしさを力説!?

錦織選手はLIXILの中で気になる製品を尋ねられると「お風呂は気になりますね。日本人なのでお風呂に入るとリラックスできるし、海外遠征ではお風呂がないところもあって、そういう時はほしいなという気になります」と明かしてくれました。

昨年、自身のブログで、ゲームに興じながらお風呂に浸かっていて、いつの間にか眠ってしまい湯船にゲーム機を落としてしまったと明かしていますが「練習で疲れてウトウトして落としてしまったんですが(苦笑)、それくらいリラックスできるのがお風呂なんです」と入浴時間はかなり重要なよう。

藤森社長が、LIXILの開発した「SPAGE(スパージュ)」というお風呂では、ジャグージ機能に加え、浴室に32インチのテレビ画面を設置できることを告げると錦織選手は「ぜひ付けられたら(笑)」と語っていました。

また、海外の選手の間でも人気が高いというのが日本の高機能のトイレ。錦織選手によると「海外の選手に間でもウワサで、日本の便器を取り寄せているプレイヤーもいる」とのこと。ここでも藤森社長は、便座に座るとスマートフォンと連動して音楽を楽しむことまで出来る同社の「SATIS」を紹介し「仰っていただければ世界中のどこでも据え付けます!」とトイレに至るまでの完全サポートを約束し、錦織選手を喜ばせていました。

さらにこの日は、藤森社長から錦織選手へ“黄金のトイレ”の模型がプレゼントされ、「本物は世界に一台ですので、錦織選手が世界一になったらお届けします」と約束。錦織選手からは、プライベートでもテニスを楽しむという藤森社長にサイン入りのラケットが贈られました。

日本は桜前線が列島を北上しており、いまだ寒い天気が続くとはいえすっかり春ですが、錦織選手は早くから拠点をアメリカに移しており、この時期は毎年、大会もあるため「人生の中でお花見をしたことがない」とのこと。

「こっち(フロリダ)はもう暑くなってきて、湿度もあって夏に近い…(苦笑)」ということで、あまり春らしさを感じる機会がないよう。湯船につかりながら花見を楽しめるお風呂が開発されたら…という問いに「最高ですね(笑)。風呂から桜を見られたら、それ以上のことはないです」と笑顔を見せていました。

バルセロナ・オープン、そして昨年、初めて4大大会でファイナル進出を果たした全米オープンと世界での戦いの日々が続く錦織選手。改めて、

「去年のUSオープンは、自分が一番飛躍できた大会ですし、ジョコビッチをはじめ強い選手に勝ち、決勝まで行けてあの大会をきっかけに自信もついて世界でより戦えるようになったと思います。そこから、今年もいいテニスができています。タフな厳しい戦いに変わりはないですが、今年も行けるところまで行けたらいいなと思います」

と意気込みを語ってくれました。

なお、グローバル・パートナーシップ契約を記念して、アンケートに答えて応募すると、抽選で錦織選手の直筆サイン入りLIXILロゴ付きのオフィシャルユニフォーム(3名様)ほか、豪華記念グッズが当たるキャンペーンも5月10日(日)まで開催中。詳細は公式サイトをご確認ください。

新たな力強いサポートを受け、4大大会の制覇、そしてジョコビッチ、フェデラー、マレーなど並み居る猛者たちを押しのけての世界No.1へ――。錦織選手の世界の戦場でのさらなる活躍を願う日本のファンの期待も膨らみます!