Yokohama Fruhlings Fest 2015

写真拡大 (全4枚)

 横浜赤レンガ倉庫では、4月24日〜5月6日の計13日間、横浜赤レンガ倉庫イベント広場と赤レンガパークにてドイツの春祭りを再現した『Yokohama Fruhlings Fest(ヨコハマフリューリングスフェスト) 2015』が開催される。入場無料。

 同イベントは、ドイツで春の訪れを祝う祭「フリューリングスフェスト」を、“オクトーバーフェスト”や“クリスマスマーケット”の開催など、年間を通してドイツ文化に馴染みの深い横浜赤レンガ倉庫で再現するもので、今年で3回目の開催となる。

 会場はフード・ドリンクエリア、アトラクションエリア、グッズ&カルチャーエリアで構成されている。フード・ドリンクエリアでは全170種類以上のメニューを展開し、ドイツビール「ライカイム ヘルヴァイス」を味わえるほか、神奈川県のクラフトビールも楽しむことができる。30mのビールカウンターを設置した大型テント内では、ドイツ楽団「ミュージックミニステリウム」の演奏で、祭のムードを盛り上げる。本場ドイツから輸入したヒュッテ(木の小屋)では、横浜港の姉妹港である北ドイツ「ハンブルク港」の名物料理が登場し、サケとタラをマスタードソースで煮込んだ「ハンブルガー・パンフィッシュ」や、コンミートとマッシュポテト・ビーツを練り合わせて目玉焼きを乗せた「ラプスカウス」など、ドイツを感じられるメニューが提供される。ドイツで“春の訪れを告げる野菜”ホワイトアスパラを使ったメニューや、ドイツ名物のソーセージ・菓子パン・ワインのほか、果実の器のフレッシュジュースなど、定番メニューも用意している。

 アトラクションエリアでは、D51機関車をデフォルメしたロードトレインが登場する。そのほか、最大7mの大ジャンプを体験できるトランポリンや、透明な球体に入って特設プール内を動き回るバブルボールなど、様々なアトラクションを設置する。

 会場では、環境に配慮したオリジナルリユースカップを活用し、会場内のリユースカップ洗浄ステーションでは大量のカップを洗浄するシーンを見ることができる。回収率向上のため、積極的な声掛けやカップ裏面での返却アナウンスなど、環境先進国であるドイツに習い、環境に配慮したイベントを目指しているという。