デビューは散々だった野球選手 糸井嘉男の一年目は投手で滅多打ち

ざっくり言うと

  • デビュー当初は散々だったプロ野球選手を紹介している
  • 大野豊氏は1アウトも取れないまま5失点し、コーチに自殺を心配されたほど
  • 投手としてプロ入りした糸井だが、1回で4本塁打を打たれる滅多打ちも経験

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング