写真提供:マイナビニュース

写真拡大

4月17日に新宿・歌舞伎町の新たなランドマークとして誕生する「新宿東宝ビル」のオープンに先がけて、8階屋外テラスに設置されたほぼ実物大・約12メートルの「ゴジラヘッド」が9日にお披露目された。

「ゴジラヘッド」は、1954年公開の「ゴジラ」の身長と同じ50メートルの高さに建設されており、デザインは1992年公開の『ゴジラVSモスラ』のゴジラがモデル。重さは約80トンで、材質はガラス繊維で補強したセメントGRC(Glassfiber Reinforced Cement)の屈強な作りとなっている。靖国通りから新宿東宝ビルのゴジラヘッドを見ることができ、本物のゴジラが新宿に現れたような雰囲気が味わえる。5月17日まではホテル宿泊者と8階カフェ利用者に限られるが、今月16日夜からは目や爪が光る演出も開始されるという。5月18日以降の詳細は、决定次第発表される予定。

式典には、新宿区長・吉住健一氏、観光振興組合理事長・大西洋氏、歌舞伎町商店街振興組合理事長・片桐基次氏東宝株式会社取締役・市川南氏が出席。新たなシンボルとして街を見守ることになったゴジラに対し、新宿区から「特別住民票」や「新宿観光特使 任命書」が授与された。吉住氏は「ゴジラに壊されたビルや街はその後、繁盛・繁栄するとのこと。来年の新作では、ぜひ歌舞伎町を舞台に作ってほしい」とコメントを寄せていた。

その後、ゴジラヘッドの除幕式・点灯式も実施。巨大なゴジラヘッドは、目や爪が光り、鳴き声や効果音と共に、口からミストを出すなどの演出が施されており、ミストが噴出時には、来場者から大きな拍手が起こった。

TM & (C) TOHO CO., LTD.

(担当ぱぴい)