写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ライオン リビングケア研究所はこのほど、トイレのホコリに関して明らかになったトイレの秘密を紹介した。

生活者は、トイレ室内にたまるホコリは「たまりやすい」(31%)うえに「気になる汚れ」(67%)と思っている(2014年同社調べ)。そこで今回は、そのホコリの正体について明らかにするため、実際に家庭から採取したホコリを分析した。

○トイレにはホコリがたまりやすい

首都圏の7つの家庭にてトイレ、リビング、寝室からそれぞれホコリを採取し、分析を行なった。採取したトイレのホコリをマイクロスコープで観察したところ、主に綿および化学繊維とトイレットペーパー由来の細かい繊維とで構成されていた。トイレの中では、トイレを使うたびに服の着脱とトイレットペーパーを使用時に切り出すため、トイレにはホコリがたまりやすいと考えられる。

○1gあたり百万個以上の菌が検出された家庭は半数超

次に、採取したホコリに存在する菌について分析をした結果、トイレのホコリからは1グラムあたりに数十万〜数百万個もの一般細菌が検出された。トイレのホコリから1gあたり百万個以上の菌が検出された家庭は半数を超え、リビングや寝室などに比べてトイレのホコリには多くの菌が存在することが確認された。

さらに、検出された菌の種類を調べたところ、トイレのホコリのみ、ニオイの原因となるブドウ球菌や、菌種によっては食中毒の原因になる可能性がある大腸菌群の両方が検出された。

○ホコリを加えた条件では菌数が約10倍に

トイレのホコリが菌に与える影響について調べるために、トイレのホコリに存在することが明らかになった大腸菌群とブドウ球菌にトイレットペーパーと綿を混ぜたモデルホコリ汚れを加えて培養した。24時間後の菌数を調べたところ、どちらの菌もホコリを加えなかった条件と比べてホコリを加えた条件ではその数が約10倍に増えていた。今回の結果から、トイレのホコリには多くの菌がいるだけでなく、ホコリ自体を栄養にしてさらに増えていることが確認された。

○尿に菌を加えると、アンモニアの発生量が約3倍に

同社が過去に行った「菌とアンモニア発生量の関係」に関する実験では、尿に菌を加えると、尿から発生するアンモニアの発生量が約3倍に増加することがわかっている。今回の検証では、トイレのホコリには多数の菌が存在することが明らかになった。ついつい「気になる」と思いながらも放置しがちなホコリだが、トイレのホコリの場合は、いやなニオイを増やす原因にもなるため、まめに取り除くほうが良いと言えそうな結果となった。

(エボル)