アリエルが360度自由に泳ぐ!東京ディズニーシーに新ミュージカルショーが登場

写真拡大

ディズニー映画「リトル・マーメイド」のファンが待ち続けていた東京ディズニーシーの「マーメイドラグーンシアター」が、リニューアルを終えて2015年4月24日(金)から再スタート。アリエル・ファンにはうれしい春になりそう。

軽快な「アンダー・ザ・シー」のメロディはもちろん、おなじみの音楽にのせておくる新ミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」には、新しい試みがいっぱい。いちばんの見どころは、会場の空間を360度自由に泳ぎまわるアリエルの姿。

「手を伸ばせば届きそうなくらい、すぐ近くまで泳いでくるので、一緒に海の中を泳いでいるような臨場感を味わっていただけると思いますよ」と、広報担当の堀池さん。ちなみに、この仕掛けは世界中のディズニー施設の中でも、日本が初めてという最新のもの。

さらに、ステージや照明などこれまでの舞台装置も一新され、客席の周囲には映像を写すスクリーンも新たに設置。トリトン王がアリエルやフランダー、セバスチャンといったおなじみのキャラクターたちと開催するコンサートでは、これまでに体験したことのないようなダイナミックなパフォーマンスで、躍動感あふれる海の世界が堪能できそう。

また、リニューアルのタイミングに合わせて、オリジナルのフードメニューやグッズなども登場。例えば、「セバスチャンのカリプソキッチン」では「シェフのおすすめセット」(1020円)のハンバーガーが4月1日(水)からピンクのバンズに。同時期に、ピンク色のバケット付きポップコーン(1600円)も販売を開始。グッズでは、女性用のブラシや抱き枕などもアリエル仕様で新発売されるそう。

新感覚のミュージカルショーを観た後は、ピンクがキュートなメニューやグッズも手に入れて、欲張りな休日を楽しんで。

(C)Disney