9日放送の「たまむすび」(TBSラジオ)で赤江珠緒アナウンサーが、自身の下着サイズについて語る一幕があった。

番組では、ゲストの日村勇紀が、同局のラジオ番組「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」の企画に絡んで、日村がお気に入りだというフジテレビの山崎夕貴アナウンサーに、バレンタインのお返しに下着のセットを贈ったことを明かした。

そんな日村に、ピエール瀧は、贈り物は“二の線”を狙っていると分析し「下着を贈るってイタリア人のやり方じゃないですか」とツッコミを入れて笑いを誘った。

番組の企画絡みと言えど、贈り物の下着選びはガチだったという日村は、山崎アナに淡いブルーの下着セットを贈ったのだと語ると、赤江アナはウケながら「リアルすぎて生々しい」とコメントした。

ピエール瀧が日村に「赤江さんにはどうですか?」と訊ねると、日村は「赤江さんは大人の女性の代表みたいですから、(下着を)あげたいですよ」と即答した。

日村は、赤江アナは童顔なのでピンクが似合うと語り、いよいよ本当にプレゼントする流れになったところで日村が「あとでボディーサイズを(教えて)もらってもいいですか?」と赤江アナに訊ねた。

すると赤江アナは「そうか、それがいるか」と突然困惑した様子の口調に。続けて「赤江はE(カップ)というウソをついて情報ながしてるんですけど」と自身の下着サイズをごまかしていると暴露した。

プレゼントを贈るので本当のサイズを教えて欲しいとピエール瀧と日村に求められた赤江アナは「なかったことにして…」と、トーンダウンしていった。

ピエール瀧が「買ってくれるって言ってるんだから」と赤江アナを一押しすると、赤江アナは「ボディラインが綺麗に見えるフリーサイズのやつで」と、日村に無茶振りして笑いを誘った。

【関連記事】
博多大吉がラジオ番組で「漫才の仕事が憂うつ」と明かす
赤江珠緒アナウンサーが「報ステ騒動」について古賀茂明氏に同情「気の毒な気がする」
山里亮太が沖縄映画祭で“ド恥”をかいた珍エピソードを告白