ジャーサラダ

写真拡大 (全6枚)

 太陽のマルシェ実行委員会は、「食べる・買う・学ぶ・体験」ができる都市型マルシェ『太陽のマルシェ』を、東京都中央区勝どきで、4月11日・12日に開催する。4月開催のスペシャルテーマは「春野菜 meets ジャーサラダ」。

 4月開催の同イベントでは、北は北海道、南は大分県から旬の春野菜が集合。そのほか、ビンに野菜を詰めるジャーサラダを、家でおいしく、そしておしゃれに楽しめるジャーも出品される。旬の春野菜は、山梨県の「CULTA Farm」から、オーガニックの紫水菜や、サラダにいろどりを添えるラディッシュが出品される。「佐賀んマルシェ」からは、本場タイから種を仕入れた香り高いパクチーや、甘みが強くジューシーなホワイトアスパラが出品されるほか、「陽虹舎(ようこうしゃ)」からは、北海道の冬の大地で熟成された、甘みたっぷりで風味豊かなじゃがいも「越冬さやあかね」が出品予定だという。また、国内外問わず様々なヴィンテージ雑貨を取り扱う「zakka store towi」からは、アメリカやイギリスから輸入されたシンプルで丈夫なジャーが販売される。

 更に、キッチンカーも出店し、注文を受けてからひとつひとつ焼き上げるバターたっぷりなオムレツや、キッチンカーに設置された薪釜で焼き上げた小麦の風味が香ばしいピザが販売される。また、「ma−ru・GO」からは、今月のテーマでもあるジャーに入ったメキシカンサラダや、ビンにフォアグラフランを詰めた、ワインと一緒に楽しめる逸品が登場。「Cafe 野いえ neue」からは、玄米と季節野菜を中心とした酵素玄米プレートやベジタコライスが出品されるほか、「HOPEHOPE」からも、10時間以上かけて焼き上げた、酒種の天然酵母バンズの「絶品やみつきとうふバーガー」が販売される。