リーク:アップルの「Apple Watch行列」対策

写真拡大

新製品の発売前には恒例となっている、アップルストア前にできる徹夜の行列。アップルは、「Apple Watch」の発売時にはこれを回避したいと考えていることがわかった。

「リーク:アップルの「Apple Watch行列」対策」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界各地のアップルストアの前で、新製品の発売前にはたくさんのファンたちが、何日も待ち続ける。彼らがやっとのことで新製品を手にして騒ぐ姿は、2000年代を象徴するイメージのひとつである。

だが、食糧の無料配給を待つ人々の列にも見えるこの光景には、終わりを告げる必要があるかもしれない。「Apple Watch」はハイエンドでファッショナブルであることを謳っており、その店舗はショールームであって倉庫ではない(日本語版記事)からだ。

リークされた情報によれば、アップルは、新製品をわれ先にと手に入れようとするファンたちが徹夜で行列をつくるのをやめさせたいらしい。4月24日、新製品Apple Watchの発売時もその対象だ。

以前バーバリーの最高経営責任者(CEO)を務め、現在アップルの小売部門を統括しているアンジェラ・アーレンツは、各店舗のスタッフに対して、興味深い社内連絡を送ったという。その内容は、小売に関する「方針の重要な変更」に関するものだ。

「Business Insider UK」が入手したしたこの社内連絡では、「お客様が列をつくり、商品を手に入れることができるように祈るような時代は、過去のものとなりました。アップルストアのアプリと当社のオンラインストアは、お客様がApple Watchと新型MacBookを購入しやすくなるよう大幅に改められました。お客様は、自分の商品がいつ、どこで手に入るかが、正確にわかるようになります」と述べられている。

長時間待ってから新製品を手にすると満足感が得られるとはいえ、本当に効率的に製品を入手したいのなら、これは最良の方法とはいえない。最新型の「iPhone 6」を店舗で購入しようとした顧客は品切れに直面し、オンライン注文の方が比較的早く入手できたというケースも多かった。

顧客が店の前に行列することを、アップルが積極的にやめさせようとするわけではない。同社がアップルストアを、消費者のエネルギーが集まる場所として引き続き利用することは確かだ(リンク先は、表参道アップルストアでの新製品発売を紹介する動画。文末に掲載)。その一方で、Apple Watchという高度にパーソナライズされた「時間管理ツール」を発売する企業として、より計画性のある販売方法が必要なことも明らかだろう。

さらに英国のアップルストアは、Apple Watchの発売日に商品在庫を一切置かない可能性がある、とも報道されている。店舗を訪れた客は「フィッティング」を試した後、スタッフが常駐する「キオスク」でオンライン注文を行うことになるという。

「お客様に、オンライン注文は非常に簡単で、よりたくさんの選択肢があることを伝えてください」と、アーレンツは販売スタッフに向けた社内連絡で述べている。「これは非常に大きな方針転換であり、それを実現するにはあなた方の協力が必要なのです」

関連記事アップルはハイファッション化できるか:Apple Watch、有名ブランドとのマッシュアップ

TAG

AppleStoreAppleWatchVideoWIRED UK