schoo WEB campasのロゴ

写真拡大

インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo WEB-campus」(以下「スクー」)が、自分のデザイン作品をマンツーマンでレビューしてもらえるオンライン授業を抽選で開講する。

【人気デザイナーが1対1でレビュー 「schoo」で特別授業開講の画像・動画をすべて見る】

これは、デザイン学部授業の受講回数が30万回を突破して行われるキャンペーン。エントリー期間は4月8日(水)から4月21日(火)まで、応募するにはプレミアム会員となる必要がある。

講師には、ユニークな広告などを手掛ける螢光TOKYO Inc.クリエイティブディレクターの手島領さんや、サイト構築のためのデザイン誌『Web Designing』編集長の馬場静樹さんなど、メディアでも活躍するクリエイターたちが名を連ねている。

マンツーマンで作品のレビューをしてもらえるかも!


design

スク―のデザイン学部



スクーのデザイン学部には現在、約15,000人のユーザーが所属しており、これまでに約400本の授業が行われている。今回のキャンペーンは、デザイン学部の立ち上げから約半年で受講回数が30万回を突破したことを記念して実施。

デザイン学部に所属しているプレミアム会員限定で、友人をスクーに招待し、新規学生として学部に登録してもらうことで、希望した講師にマンツーマンでレビューしてもらえる「作品レビュー権」が抽選で当選する。

レビューを行う講師は、ほかにも、デザイナーのイシジマミキさんや、イラストレーター・デザイナーの小太刀御禄さんと、スクーで人気の講師が参加している。

これまで、学習コンテンツをオンライン上で無料配信してきたスクーが、一部ユーザーのためだけに授業を開講するのは初の試みとなる。同キャンペーンでは、作品レビュー権のほか、これまでの「録画授業」の無料受講チケットなどの特典が配布される予定だ。