2015年4月8日、中国大手IT企業、阿里巴巴集団(アリババグループ)の映画・メディア部門子会社である、阿里巴巴影業集団は、現在親会社であるアリババグループの映画製作、チケット販売及びその他メディア関連部門への投資を検討していることを明らかにした。

 阿里巴巴影業の旧社名は、文化中国伝播集団(China Vision Media Group)といい、2014年にアリババグループ参加に入り、現社名に改名した。
 阿里巴巴影業は3月24日に、株式の取引を一時停止していたが、本日から再開している。

(China Press 2015:IT)