香川、内田、宇佐美らも絶賛する「姿勢制御バンド」搭載の練習着

写真拡大

 日々、ハードな練習に取り組む部活生に向けてアディダスが発表した「姿勢制御バンド」搭載のトレーニングウェア「RENGI PREMIER」。ブレない体幹と視野確保に適した姿勢をより意識させる「姿勢制御バンド」を搭載した画期的な練習着について、日本代表選手たちが実際に着用した感想を口々に述べている特別動画が公開中だ。

 トレーニング中に姿勢が崩れた際などに、背面中心に搭載されたテープ状の「姿勢制御バンド」が背中に触れたり、突っ張り感をもたらすことで、選手は自然と体幹や視野確保に適した姿勢を強く意識することができる。スペシャルムービーにはMF香川真司、DF内田篤人、FW宇佐美貴史、FW武藤嘉紀、MF柴崎岳、DF槙野智章、FW南野拓実、FW齋藤学の8選手が登場。実際にこの「RENGI PREMIER」を着用している。

 武藤が「ちょっと姿勢を悪くすると違和感がある」と言えば、香川は「肩がしっかり開いた感じがする」と、体幹への効果を実感。自然と顔も上がり、視野を確保しやすくなるようで、内田は「視線が下がると、パスの視野がなくなる」と、あらためて姿勢の重要性を強調している。

 南野も「着るだけで正しい姿勢になる」と絶賛する「RENGI PREMIER」。各選手の感想は以下の特別動画でチェックしてみてほしい。

■商品詳細はアディダス フットボール公式サイトから: http://adidas.jp/football/

★関連ニュースはアディダス マガジンでチェック