一眼レフカメラが生み出した、見たことのない東京の姿

写真拡大

気鋭の映像制作集団WOWが、東京をテーマにした新作を発表した。その名も『TOKYO DENSE FOG』。リアルとフィクションが交錯するこの作品が生まれた背景を、作り手たちの言葉から探る。

レインボーブリッジ、都庁舎、モノレール。そこに広がる風景は、確かに「東京」にほかならない。しかし、見慣れているはずの街は、どこかこの世のものとは思えない厳かさを漂わせている…。

「一眼レフカメラが生み出した、見たことのない東京の姿」の写真・リンク付きの記事はこちら

映像作品『TOKYO DENSE FOG』を観た者は、濃霧(DENSE FOG)に覆われた幻想的な東京の街を目にして一瞬戸惑い、そしてこう思うはずだ。「これは現実なの? それともフィクションなの?」と。そんな『TOKYO DENSE FOG』が生まれた経緯を、ディレクションを務めたヴィジュアルデザインスタジオWOWの中路琢磨に訊いた。

「ぼくたちはずっと、『見えるものと見えないものを精査していくと、きっと世界は変わるはず』という視点を、クリエイティヴの根幹に据えてきました。今回の作品にもそれはあてはまっています。見知った東京の風景のうち、何を隠し、何を浮き立たせるかというチューニングをおこなうことで、リアルとファンタジーの中間に位置する、ホントかウソかわからない映像を作り出したいと考えたんです。近年、東京は異常気象に見舞われているし、こんな感じの濃霧も、決して起こらないとは言い切れない。それに『これはCGじゃないかっ!』って怒る人はそんなにいないはずです(笑)。ホントかウソかより、表現として美しく、観た人の心に何かを残せる映像をつくるにはと考えたとき、東京を霧で満たすというコンセプトに行き着いたんです」

『TOKYO DENSE FOG』は、実際のところクライアントワークである。発注主はニコン。レンズにフォーカスした特設サイト内で始まった「NIKKOR Motion Gallery」に掲載される、3組のアーティストの内のひと組としてWOWはアサインされた。

正直、カメラメーカーのウェブサイトに掲載される作品として、写真を「素材」として扱った「デジタル加工作品」が紹介されることは、珍しいことかもしれない。しかし実際の映像制作の現場では、一眼レフカメラで撮った動画を素材とし、それにCGを加えていくプロセスはますます一般的になりつつある。そう考えると、映像クリエイティヴの先端にいるWOWの「CG作品」を「カメラメーカー」のウェブサイトに挙げる判断をしたニコンは、フルサイズ一眼レフカメラの可能性を、限りなく正確に、そして柔軟に捉えているといえるだろう。

「確かにぼくたちはこれまで、一眼レフカメラのムーヴィー機能を使って作品をつくってきました。ムーヴィー専用カメラでは得られない機動性やレンズのボケ味といった恩恵に、大いに与ってきたと思います。ただ、今回はニコンさんからの依頼ということで、感性に任せて自分たちで撮るのではなく、プロのフォトグラファーにお願いしたいという思いが膨らみました。構図の切り方やレンズ選び、あるいはロケーション選びといった部分においてプロのフォトグラファーと共同作業をすることで、これまでより一段階高いレヴェルの作品がつくれるのではないかと考えたんです」

プロジェクトをスタートさせるにあたり中路は、知り合いを通じて写真家の長尾真志に声をかけた。長尾が撮影した霧がかった東京タワーの写真に、今回のプロジェクトに通底するイメージを感じたからである。しかし当の長尾は、最初、大いに困惑したという。それまで、動画を撮ったことが一度もなかったからだ。

『TOKYO DENSE FOG』にて撮影を担当したフォトグラファーの長尾真志(左)と、ディレクションを担当したwowの中路琢磨。

普段は純粋なスチールカメラマンであり、これまで仕事でムーヴィー撮影をしたことがなかったという長尾真志。この仕事のオファーが来たとき、どう思ったのだろうか?

「『えっ、動画ですか?』みたいな(笑)。でも『見たことのない東京の画を』という企画だったので、東京出身のぼくとしては、お話を聞かないわけにはいかないと思って。それで打ち合わせをしてみると、できるかもしれないと思えてきたので、参加させていただくことにしました。

けれど、いざ撮影をはじめてみると、思っていたより大変でした(笑)。まず、撮影場所の制約がとても多かったんです。レインボーブリッジにしても都庁舎にしても、見知ったアングルから撮ったのでは意味がないので、ロケハンは入念におこない、ときには一般の方のマンションにお邪魔して、ベランダから狙ったこともありました。

それに作品の性質上、撮影は晴れの日ではなく曇天の日におこなう必要があったので、日数的にも限られました。あとは、被写体がどれも巨大だったということです。時間的に余裕があれば、『もっとこのアングルから撮りたい』『もう少しピントを浅く撮りたい』『もっと綺麗な光のタイミングを待ちたい』といった欲望を満たすためにとことん粘りますが、今回は納期の問題もあってできる範囲で最善をつくすしかなかった。結果として、ほとんどのカットをズームレンズで撮ることになったんです。それも、400mmといった比較的長いレンズです。このレンズには、本当に助けられました」

ズームレンズに助けられたとは、どういうことだろうか?

「単純に、『もうちょっと画角を広く』とか『もうちょっと寄りたい』といった構図の調整を、手元でできるじゃないですか。ムーヴィーの最初の方にあるお台場から品川埠頭を抜いたカットも、単焦点レンズだったら、寄ったり引いたりするためには自分の足で動く必要がありますが、そういったストレスがかかりませんからね。80mm〜400mmといったレンジの長いズームレンズを多用したのですが、デジタルズームではないので、寄っても引いても画質的にまったく問題がないことにも助けられました。ちなみにレインボーブリッジのラウンドしている部分のカットはお台場のホテルグランパシフィックの客室から撮りましたが、画質的にまったく問題がないと思います。

あと、これも当たり前のことですが、スチールと違ってムーヴィーは気軽にトリミングすることができません。通常であればPhotoshopで簡単に修正できるゆがみも、簡単には修正できません。ただ、今回ニコンのレンズを使ってみて思ったのは、他社のズームレンズだと露骨に逆樽(中心が凹むようにしてゆがむ現象。糸巻き型歪曲ともいう)になるようなシチュエーションでも、ほとんど気にならなかったという点です。あとは、周辺光量の落ち方も気持ちよかった。これは、ズームレンズにも単焦点レンズにも共通している設計思想なのでしょうね」

最後に一眼レフでムーヴィーを撮ることの意味を、ディレクターの中路琢磨に改めて訊いた。

「『TOKYO DENSE FOG』をつくってみて改めて思ったのは、一眼レフカメラでムーヴィーを撮るメリットです。長尾さんのように普段はスチールを撮っているカメラマンが普段と近い感覚で撮った映像は、構図に意図を感じるし、『動画撮影におけるお約束』みたいなことも良い意味で無視しているので、写真とも動画とも異なる、何か別の表現形態なのではないかと感じました。

人の脳って、止まっているものと動くものとでは、ジャッジする場所が違うらしいんです。グラフィックでディテールを詰めるのと、それを動かすのとでは使う脳が違うから、グラフィックデザイナーがムーヴィーをつくろうとしても、なぜかうまくいかなかったという話を聞いたことがあります。もちろん、その逆もあると思います。そういった意味でも、一眼レフで撮るムーヴィーというのは静と動の中間のような存在だから、いろいろな人が新たなクリエイティヴ表現として活用できるポテンシャルを、秘めているのではないでしょうか。今回参加させていただいたNIKKOR Motion Galleryでは、ぼくらのほかに2組のアーティストが参加していますが(『GQ JAPAN』によるaugment5へのインタヴューはこちら)、表現方法はそれぞれまったく違うし、ストーリーもあったりなかったりします。その表現の幅こそが、一眼レフカメラでムーヴィーを撮る面白さだと思います」

NIKKOR Motion Gallery
NIKKORグローバルブランドサイト「NIKKOR.com」
WOW