dorpbox_b_01

写真拡大

オンラインストレージサービス『Dropbox』は、2015年4月7日に東京で開かれた発表会で、ソフトバンクグループでIT関連商品の流通・ソリューション事業を手がけるソフトバンク コマース&サービスとの業務提携を発表。特にビジネス向けの『Dropbox for Buisiness』の販売に注力していくと強調。今後5年間で100万ユーザーを目指すとしています。

この日来日したDropbox.incのCEO兼共同創業者ドリュー・ハウストン氏は「東京は大好きな都市。個人的にはカラオケの練習をするのも重要」と笑わせつつ、日本におけるDropboxのユーザー数が1000万に到達したと発表。ソフトバンクとの提携について「非常にワクワクしている」と期待を寄せています。



この日は、ソフトバンクC&Sとの提携に加えて、アイ・オー・データやサイボウズなど日本国内13社とのパートナーシップを発表しました。
アイ・オー・データはネットワーク接続型ハードディスク”NAS”との自動同期が可能に。サイボウズとは業務アプリ構築クラウド『kintone』と連携、監査ログやアクセス権への制御、遠隔削除などに対応して、業務の効率性を高めるのに役立てるといいます。
提携社の多くは、Webセキュリティや情報漏洩対策などのサービスを提供している企業。2014年に設立された日本法人の社長の河村浩明氏によると、「日本とアメリカではセキュリティ意識はかなり違う。製品の説明についてもSEを中心にお客様と対話するようにしている」と経営層やシステム担当者への理解を深める努力が重要だと強調。
また、ハウストンCEOは「私達は個人情報を扱っているので、信頼ベースでビジネスが成り立っている。非常に優秀なチームが社内に存在していて、Googleや他企業でセキリティを担当していた人材が集まっている。ネットを安心して使ってもらえるのか、業界でも取り組んでいる」と述べ、サイト上で「99.999999999%」とうたう耐久性・信頼性をアピールしていました。



興味深かったのは、日本の有償プランユーザーはアメリカと比較して約2倍、月間でファイルを追加しているという数字が出ているということ。ハウストンCEOは「『Dropbox』が早くから受け入れられたのはうれしいこと。日本ではモバイル人口が多く、積極的に活用してくれるユーザーが多い。他国でもそういう傾向があるが、生活の中に取り入れるとお金を使うことを厭わないユーザーが多い」と日本での手応えを述べています。

河村社長は「日本の生産性は世界一のノルウェーの半分。就業人口の約70%が中小企業なので、ここに徹底的にフォーカスして、日本の生産性向上をサポートしていきたい」と意気込みを語ります。個人ベースで利用しているユーザーの多い『Dropbox』だけに、ビジネスユースへの転換に向けての戦略に注目が集まりそうです。



ちなみに、発表会では出席メディアを対象にノベルティとしてシルバーのノートとボールペンが配布されました。ノートはロゴが透かしで入っていてクールなデザイン。非売品なのかしら……?

また、河村社長によると「アンバサダー・プログラムもやります」とのこと。ヘビーユーザーにとっては気になるところです。

ビジネス向け Dropbox
https://www.dropbox.com/business [リンク]