写真提供:マイナビニュース

写真拡大

I-neの販売する、天然植物由来成分を配合したボタニカルヘアケアブランド「BOTANIST」のシャンプー(税別1,400円)とトリートメント(税別1,400円)の売れ行きが好調だという。

2015年1月23日よりオンラインストアでの販売を開始し、2月中旬よりPLAZAなどの店舗での販売も開始した同商品は、発売から2カ月弱で売上累計本数10万本突破。PLAZAヘアケアカテゴリー売上本数(2015年2月13日〜3月20日の期間)において第1位と獲得したほか、楽天フランス Mode & beaute(ファッション&ビューティ)1位受賞(2015年1月29日付)、楽天アメリカ シャンプー部門ウィークリーランキング1位受賞(2015年2月9日付)しているという。

同ブランドでは、天然植物由来成分を90%以上使用。ヤシ、パーム、ダイズをベースに、シャンプーにはさとうきびをはじめ、甘草、とうもろこしを、トリートメントにはアボガド、マカデミアナッツの成分をそれぞれ加え、植物由来の原料をバランスよく配合。界面活性剤にこだわり、サロン品質の洗い心地を実現しているという。また、肌の皮脂と近い脂肪酸でできた"弱酸性を使用したせっけん成分"を利用していることから、低刺激で安全性が高く、子どもでも利用することが可能とのことだ。シャンプーにはアプリコットとジャスミン、トリートメントにはアップルとベリーといったそれぞれ二種類の香りを用意している。

なお、同ブランド名でもある「ボタニカル」とは、植物の恵みを健康や生活・ライフスタイルそのものに取り入れることを指しており、同社では、「毎日使うからこそ、自然志向のやさしさにこだわったヘアケア商品が必要」と考えから、同ブランドを立ち上げたとしている。

(瀬戸稜)