いつもポジティブな松岡さんが唖然とした(15年4月6日撮影)

写真拡大

「熱くなれよ!」「あきらめるな!」など情熱的なフレーズでCMやキャスターに引っ張りだこの松岡修造さん(47)を唖然とさせたアスリートがいる。

20キロ競歩で世界新記録を打ち立てた鈴木雄介選手(27)だ。「一番駄目なことは本気」と言ってのけ、松岡さんは信じられない、という表情を見せていた。

鈴木「気持ちで勝つってのはない」と断言

2人の対談は2015年4月6日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で放送された。3月15日の全日本競歩能美大会で1時間16分36秒の世界記録で優勝したことについて聞かれた鈴木さんは「今回は冷静にいけました。自分は『燃やさない』方がいいタイプ。冷静が好きなんです」と答えた。

続けて「一番駄目なことは本気」とコメント。信じられない、という表情で松岡さんが「本気が駄目なんですか?」と自らを指差すと、「駄目ですね」と笑ってみせた。驚いた松岡さんは「駄目なんだー!」とのけぞり、いすに倒れ込んでしまった。

さらに2人のかみ合わない会話は続く。鈴木選手はトレーニングの積み重ねから自分がどういうレース、タイムになるか予測できると説明し、「気持ちで勝つってのはないですね」と断言する。これに松岡さんは「気持ちでやってない?」と唖然とし、笑いながらも「ぼくにけんか売ってるんじゃないか?」とけん制した。

続く「限界まで出し切ったことはない?」という質問にも鈴木選手は「ないです」と即答。「一番出し切るところは(16年のブラジル)リオ五輪の金メダル」としたため、松岡さんが今度こそは、という顔で「そこは限界まで?」と尋ねたが、答えは「1位が決まっていたら、限界までいかないですね」。

結局、対談は最後まで呼吸が合わず、松岡さんがあっけにとられ、固まってしまったまま幕を閉じた。

古舘伊知郎もびっくりのかみ合わなさ

鈴木選手の冷静さは、過去の失敗に由来しているようだ。12年のロンドン五輪では試合前に練習し過ぎて左ひざを負傷。13年のモスクワ世界陸上では出場選手の中で最速の持ちタイムがありながら、自信が持てず、直前にオーバーワークしたため疲れが残り「全然力が発揮できなかった」。こうした経験から「頑張り過ぎてはけがをしてしまう」「一番駄目なのは本気」と考えるようになったそうだ。

一方の松岡修造さんは誰もが認める「熱い男」だ。過去の熱いメッセージをまとめた日めくりカレンダー「まいにち、修造!」は85万部を超す大ヒットとなった。いつもポジティブなキャラクターが人気を集め、14年のCM起用ランキングは11社を数え、男性部門で嵐の櫻井翔さんとトップを分け合った。15年度新入社員が選ぶ「理想の男性上司」でも前年の10位から2位に躍進した。

まさに正反対の2人の対談を見た古舘伊知郎さんは「うわー、全然合わないですね」。視聴者も好対照ぶりに、

「冷と熱の対比が面白かった」
「対極にある人同士...」
「ケンカ売ってるでしょwww噛み合わなすぎ」

と盛り上がった。

松岡さん自身もめずらしく「こういう風になれば、ぼくも熱くならずにすんだのかな?」「(極端ではなく)まん中がいいのかなー」と弱気になっていた。