セックス依存症だったあの男優は今…『X-ファイル』復活で主演2人に恋の噂
 アメリカのSFドラマ『X-ファイル』が13年ぶりに復活することになりました。放映当時は日本でも一斉を風靡しましたが、なかには同作品についてあまり知らないという読者もいるかもしれません。そこで今回は、『X-ファイル』ブームの簡単な解説と気になる新シリーズ情報を、キャストの近況も絡めて紹介します!

◆オリジナルキャスト続投の新シリーズ

 二人のFBI特別捜査官が、科学的に説明のつかない未解決事件“X-ファイル”を捜査していく同シリーズ。1993 から2002年にかけて9シーズン放映されるなか、地球外生物、心霊現象、UMAなど中毒性の高いテーマで社会現象となり、SFオタクのフォックス・モルダーと冷静沈着で医師免許を持つダナ・スカリーの捜査官コンビはポップ・カルチャーの象徴になりました。

 新シリーズについてはまだ詳細が明らかになっていませんが、『Entertainment Weekly』によると全9話のミニシリーズで、来年放映予定。オリジナルの主演コンビ、デヴィッド・ドゥカヴニー(54歳)とジリアン・アンダーソン(46歳)の出演が確定しています。

 内容は、脇役キャラクターを主人公に据えたスピンオフや別キャストによるリブートではなく、純粋な続編になるのだとか。

 意味深な最終話の後、モルダーとスカリーの仲はどうなっているのか? FBIを引退したはずの二人は今どこで何をしているのか? 悪役スモーキングマンは、優しかったFBI副長官は、新シリーズにどう絡んでくるのか? などなど興味は尽きません。

 まだ未見、見たけれど忘れてしまったという人は予習・復習の開始はお早めに! 全202話に加えて劇場版2本もありますから、一夜漬けでは見切れません。

◆セックス依存症、別居、離婚、モルダーの13年間

 モルダー捜査官を演じたドゥカブニーは『X-ファイル』放映終了後もドラマを中心に活躍するテレビ俳優。特に話題となったのはアメリカで昨年まで放映されていた『カリフォル二ケーション』。アルコール、ドラッグ、セックスの依存症に悩む男を演じていたドゥカブニー、なんと放映中の2008年、主人公同様セックス依存症でリハビリ施設に入所してしまったのです!

 ドゥカブニーの症状は以前から続く長期的なもので、ネットでのポルノ鑑賞などがメインだったとのこと。「妻もしばらくは容認していたようだが、とうとう治療が必要なほど症状が重くなったということだろう」と、彼の知人が『Huffington Post』に明かしていました。

『Radar Online』によると、その後、ドゥカブニーは妻や子供たちとは別居生活に。依存症も完治し、妻とよりを戻した時期もありましたが、昨年夏、6年間の別居生活を経て正式に離婚しました。

◆モルダーとスカリー、実生活でもいい感じ?

 ドゥカブニーの離婚時、同時に持ち上がったのはジリアンとの恋の噂でした。『X-ファイル』のファンなら誰しも願わずにはいられないモルダーとスカリーのハッピーエンド。ドラマと現実とを混同した熱狂的なファンの思い込みからか、これまでも何度も熱愛が噂されてきましたが、ドラマ復活をきっかけに二人の仲を勘ぐる報道がまたしてもヒートアップしています。

『New York Times』の最新インタビューでジリアンとの仲について聞かれたドゥカブニーは、「ただのメル友。会っても年に1、2回だけさ」と回答。一方で、二人が一緒にいるところは、今年に入ってからだけでも既に何度も目撃されているとの情報も出ています。

 果たして真相はいかに? この13年間でジリアンも離婚し、お互い今はシングル。実生活での結婚もあり得ないことではなくなりました。

Source:
『Entertainment Weekly』http://bit.ly/1xf2Qoy
『Huffington Post』http://huff.to/1xEHgdf
『Radar Online』http://bit.ly/1anKqrP
『New York Times』http://nyti.ms/1Ck5EzS

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)