胸元が大胆に開いたドレスで登壇した長谷川京子

写真拡大

 TBS系火曜ドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」の特別試写会が7日、都内で行われ、主演の木村文乃をはじめ、長谷川京子、貫地谷しほり、安達祐実、檀れい、プロデューサーの新井順子が出席した。姑からモラハラを受ける年収3,000万円の開業医の妻を演じる長谷川は、「すごいストレス」と感想を述べ、「(自分なら)へこむかキレるかですね。戦っちゃうかもしれませんね」と笑顔を見せた。

 長谷川はこの日、役柄に合わせて、胸元の開いたゴージャスなパンツスーツで登場。会見前に楽屋で胸元に輝くショーメの高級ジュエリーや、胸の谷間を共演者からいじられたことを触れられると、「皆さん、反応してくださってありがたいですね」とニッコリ。

 役については「主人側の母との折り合いがすごく難しい役。お姑さんと暮らすという経験がわたしはあまりないので、大変だなって思いました」と述べ、劇中で受けるモラハラについても「いろんな言葉の攻撃を受けるシーンが多いんですが、『すごいストレスだな、これは』って思いました。(自分が)こんなこと言われたらへこむかキレるかですね。わたしなら一瞬ひるみますけど、それに向かって戦っちゃうかもしれませんね」としみじみ語った。

 本作は、「コミカル」「ドロドロ」「爽快」という3つのキーワードを基に展開するヒューマンドラマ。名門幼稚園に息子を入園させた、木村演じる庶民派シングルマザーが、セレブママたちの間で奮闘しながら友情を築いていくという内容に、連ドラ初主演となる木村は「周りに、何で恋愛ものを飛ばしていきなりシングルマザーなんだって、面白がられました」と笑顔を見せていた。(取材・文:名鹿祥史)

火曜ドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」は4月14日 午後10:00よりTBS系列にて放送