経営存続のポイントとは!? 中小企業が学び合うイベント開催

写真拡大

首都圏の中小企業経営者を対象にした経営塾運営の創新ワールド(神奈川県川崎市)は、同経営塾の現受講者と受講経験者でつくる団体"創新ネットシティ"の主催として、中小企業間のコラボレーションを促進することを目的としたイベント『創新ネットシティ大定例会』を2015年4月15日、かながわ労働プラザ(横浜市)で開催する。

厳しい経営環境が続く中、企業はどのように立ち向かうのか

19回目を迎える同イベントのテーマは、「明日から出来るマーケティング最前線」。長寿企業が他国と比べてダントツに多い日本だが、その一方で10年持たずに経営を断念する中小企業も少なくない。当日は、厳しい経営環境のなかでも成果を上げ続けている企業の経営者や専門家らを講師として招き、その経営手法などについて語ってもらう。

ブランディングやマーケティングのコンサルティングを行っている企業、ゼロイチフィクサーズの代表取締役 八木宏一郎氏による記念講演のほか、4つのテーマから選択して聴講する分科会、懇親会の三部構成だ。

八木氏は記念講演で、専務理事を務める「日本唐揚協会」が、唐揚げを広めるうえで成功した事例を取り上げ、すぐに取り掛かれるマーケティング実践術について述べる予定。

分科会及び懇親会では同じテーマを聴講した参加者同士がディスカッションを行い、積極的な意見交換によりコラボレーションが促進されることが期待されている。

会の申し込みは公式ページから