お知らせ:Engadget 日本版は執筆者を募集しています

写真拡大

定期的に掲載中の求人記事です。Engadget編集部では誌面のさらなる充実のため執筆者を募集します。我こそはと思わん方、友人知人に薦めてくださる方、Engadgetと混ぜたら面白そうな書き手・出演者をご存知のかたは、ぜひ続きの募集要項をごらんください。
資格はガジェットや家電製品、新技術、サイエンスまで、広くテクノロジー一般に含まれるいずれかの分野に興味と知識があること。日本語で分かりやすく他人に伝える文章が書けること。

18歳以上であることを除いて、国籍や在住地などに条件はありません。日本国外のかた、日本とは別のタイムゾーンで働けるかたも歓迎です。プロの記者やライターとしての取材・執筆経験は不問。意欲のあるアマチュアや学生のかたもぜひご応募ください。

フルタイム〜パートタイムの形態や時間は応相談。待遇は能力と就労形態によります。各国のEngadget執筆陣はさまざまなメディアの記者・編集経験者から、研究者や学生までの混成チームです。

応募にあたって必要なのは:

執筆について:

サンプル記事。Engadget読者に向けたニュースや解説記事のサンプルをお願いします。対象は不問。製品ではなくイベントや科学・時事でも構いませんが、Engadgetに掲載されていて不思議ではない対象をお願いします。

独自の観点やコメントは大歓迎ですが、論説よりはニュース記事の体裁で対象を読者に伝える力を見せてください。必ずしも最新ニュースである必要はありません。国内発のニュースでも、英語版の本家Engadgetが扱った対象からでも構いません。
テクノロジー分野でEngadgetにふさわしいニュース記事やレビュー記事などの執筆経験のあるかたやプロのかたは、新規のサンプル記事のかわりにこれまでアウトプットされた記事や著作など実績が参照できるリンクや紹介でも結構です。

ただし、新規にEngadget用のサンプルを書いていただいたほうが採用はしやすくなります。送付された記事を実際に掲載することはありません。

応募者について:

自己紹介。お名前、ご住所、経歴や一般的な自己紹介のほかに、得意・不得意分野について教えてください。(たとえば、携帯電話ならば愛用機種だけでなく各プラットフォームに通じて各国事情まで把握している、カメラはどこの一眼レフとレンズを集めているが網羅まではしていない、家庭用ゲーム機からは離れてまったく分からない etc。この3分野に限らず、できるだけ詳しく教えてください。ここが通り一遍だと、どういった記事ならば権威として執筆できるのか分かりません。)
技能・経験。語学やソフトウェア・ハードウェアの企画開発販売など、関連するかもしれない技能や経験、知識、仕事や活動歴もぜひ教えてください。ウェブサイトやBlog、Twitterなども参考になります。
(応募メールアドレス以外の) 連絡先。
ご希望の執筆形態について。週のうち特定の曜日や時間帯をあててレギュラーでニュース記事を執筆できるのか、特定の取材や案件ベースでのみ寄稿をご希望なのか。レギュラーとして執筆を希望する場合は、週のうち執筆や取材に費やせる時間・時間帯の想定をおしえてください。プロのライターなど、特定の時間帯に常駐ではなく企画や取材単位でご協力いただける場合も歓迎です。

応募はメールで engadgetjp.job@teamaol.com まで。件名に「執筆者募集」を含めてください。

応募内容はメール本文のテキストでお願いします。ファイルは添付しないでください。(開けない添付ファイルやつながらない共有リンクが必ず届きます)。この記事にコメントしても応募にはなりません。

期限はとくに定めませんが、応募者多数が予測されるため、ご応募いただいた全員に返信はできかねることをあらかじめお詫びします。

応募いただいた際の個人情報は執筆者選考と連絡の範囲に限定して利用し適切に取り扱います。ご提出いただきました各種書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

また、仕事として執筆はしないけれど何かしら協力してやらんこともないというかた、面白いネタを見つけた・こんな新製品や企画がある・すごい研究をしているから観てくれというかたはこちらの情報提供フォームでいつでも情報提供をお待ちしております。よろしくお願いします。