昨年12月のグランドスラム東京(GS東京)では、新旧頂上決戦をともに新勢力が制した女子48kg以下級と、男子66kg以下級。8月の世界選手権日本代表最終選考会となった全日本体重別選手権(4月4日〜5日)では、ともに実績優位のベテラン勢が意地を見せた。

 2010年、11年と世界選手権を2回制覇した浅見八瑠奈(コマツ)と、昨年、世界選手権初制覇とGS東京では、浅見を下して優勝した近藤亜美(三井住友海上)の戦いに注目が集まった初日の女子48kg級。浅見は1回戦、格下の濱田早萌(龍谷大)を相手に苦戦を強いられた。開始1分01秒で小外刈りの有効を奪いながらも、攻めきれずそのポイントで優勢勝ちという結果になった。

 それに対して近藤は蓬田智佳(JR東日本)を相手に開始1分08秒、払腰で有効を取ると、その後も攻め続けて終了26秒前には小外刈りで1本を取って勝ち上がった。

 浅見も2回戦からは攻めの柔道を取り戻し、近藤との決勝に臨んだが、開始1分15秒に「消極的」と指導を受けて劣勢に回ってしまう。それでも、そこから気持ちを切り換えて攻めの姿勢を取り戻すと、有効にはならなかったが、2分38秒には小外刈りで近藤を倒し、さらにその19秒後には体落としで有効を奪って逆転。そのまま攻めきると2年ぶりの優勝を果たした。

「近藤さんが第一候補だから、私は勝たなければ代表には選ばれない。ここからの道は自分で切り拓くしかないと思っていた」

 こう話す浅見の決意が固まったのは、今年の2月に行なわれたGPデュッセルドルフ大会(※)で3位に終わった後だったという。悔しさが表情に出ていなかったのか、谷本歩実コーチから「昔は負けた時そんな顔をしてなかったよ」と声をかけられたことだった。
※グランプリ/国際柔道連盟主催大会。出場資格は過去2年間にW杯に出場しているか、ジュニアまたはシニアの世界選手権か、大陸選手権に出場していることが条件になっている。

「自分がドイツで負けたのは、勝った選手の方が必死さで私を上回っていたからだと思いました。ケガから復帰したあと、前とは違う方向で新しいものを見ていくべきか、昔の自分を取り戻そうとすべきか迷っていました。でも大会のあとで谷本コーチと相談して、まずは五輪に出たくて必死にやっていたロンドン前の気持ちを取り戻し、その上に新しい自分をプラスしていけばいいのではないかと言われて......。世界にはすごい選手もいるけど、日本柔道は一番じゃなきゃいけないと思うし。必死にやった結果なら、違う色のメダルでも美しいと感じるかもしれないけど、やっぱり一番になることを目指したいと思いました」

 そんな必死さが、最初に指導を取られて劣勢になったことで発揮された。全日本柔道連盟の南条充寿女子監督は「1回戦では硬さも見られたが、決勝では『2度と同じ失敗をしないぞ』という気持ちで世界チャンピオンらしい戦いをした。指導を取られたあとでも気持ちが切れず、勝負の流れを変える強さを身につけたかなと思うし、強い浅見が帰って来たと思う」と評価する。

 一方の近藤は「勢いのある元気な柔道をやろうと思ったが、浅見さんの方が一枚上手だった。攻めに行ったが、組み手は浅見さんの方が上で思うような柔道が出来ずに有効を取られてしまった」と悔し涙を流した。

「ヨーロッパの試合を経験して勢いだけでは勝てない部分はあるし、まだアスリートとしての自覚も足りないと思った。技術的にももっと練習して、自分もシニアですと胸を張って言えるようにしたい」

 こう話す近藤は、「一流の選手が相手だと技もまだまだ掛からないが、今回は投げてポイントを取ることを目標にして1回戦ではそれが出来たし、2回戦もポイントにはならなかったが大外刈りが入ったところは進化していると思う」と手応えを得ていた。

 2日目の男子66kg級は、3度の世界王者を経験している海老沼匡(パーク24)が勢いを復活させた。昨年のGS東京の準決勝では講道館杯で優勝した高校生の阿部一二三(神港学園神港高)に逆転負けを喫し、3位決定戦では同年の世界選手権5位だった高市賢悟(東海大)に敗れて5位になった海老沼。

「GS東京では自分が思い上がっていたことを思い知らされた。あの惨敗のあとはずっと自分と戦って、どうやれば強くなるか、どうやれば勝てるかを考えた。そして持つべきプライドと捨てるべきプライドは何かと考え、すべてをリセットしてスタートしました」と語る。

 それ以降は国際大会に出場せずこの試合にかけてきたが、その思いを1回戦から出した。昨年の講道館杯3位の吉田惟人(神奈川県警)を相手に開始13秒に背負い投げて有効を奪うと、その後も攻め続けて相手に指導を2回受けさせ、3分34秒には袖釣り込み腰で1本勝ちした。

 一方昨年、高校2年で講道館杯とGS東京を制して注目されていた阿部は1回戦、相手の厳しい組み手に苦戦しながらも、指導2で優勢勝ちという結果に。そして海老沼への挑戦権を争う準決勝の高市戦では、序盤から釣り手で背中を取られて頭を下げられ、自分の柔道が出来ない展開になった。そして開始1分10秒には両者倒れてもつれ合った時に後ろ袈裟固めを決められる。両足をはね上げて逃れようとしたが、結局そのまま20秒が経過して1本負けを喫した。

「準決勝は組み手争いに負けてしまい、倒れ込んだ時に締め技にいこうとして入れた腕を取られて返され、不用意な形で寝技に持ち込まれてしまった。今までは相手との距離を詰めてパワー勝負をしていたが、今日は釣り手を落されて距離を作られてしまった。ガツガツ前に出るだけではなく、もっと技術の幅を広げていかなければいけないと思った」

「絶対に勝とうと思っていたので悔しい」と話す阿部は、「世界選手権はダメだと思うが、まだリオはあるので諦めずに一からやっていきたい」と話した。

 そんな戦いを尻目に、準決勝も圧勝した海老沼は、決勝で果敢に攻めてくる高市を相手にしても勢いを衰えさせなかった。1分17秒過ぎに一本背負いを仕掛けると、その20秒後には内股を仕掛け、そこから腰車に移行して有効を奪った。その後は両者の投げの打ち合いから倒れ込んで逆に押さえ込みに入られたが、8秒で何とか逃げきるスリリングな展開になった。

 それでも気持ちを切らさなかった海老沼が、終了10秒前に背負い投げて技ありを獲得。大勢は決したが、そのまま最後まで腕ひしぎ十字固めを狙い、終了のブザーが鳴った瞬間まで決める執念を見せた。

「高市には2回負けているので挑戦者だと思ってやった。組み手がけんか四つの相手でも背負い投げをたくさんやってきたので、投げたいという気持ちはあったし、逃げてチャンピオンになるより攻めていきたいと思っていたので。今日は勝つことだけを考え、世界選手権も含めて五輪のために走り続けようと思って1回戦からがむしゃらに攻めた。ここで休むのではなく、五輪まで走り続けたいと思う」

 そんな海老沼を井上康生男子監督は「昨年の世界選手権も13年の世界選手権もそうだが、彼は感動を引き起こす柔道をする選手。彼の柔道に打ち込む姿勢は他の選手の見本となるものだと思う。唯一獲り逃している五輪の金に執念を燃やしているが、それを獲得できるように、精一杯サポートしていきたい」と評価した。

 試合後の世界選手権代表選考では、当初は選手総枠9名で2階級まで選手を2名出場させられる枠は全日本選手権終了後に決定する予定だったが、女子の場合は金メダル獲得有力階級であることと、実績もある2選手が決勝まで残ったことを考慮して、48kg級では浅見と近藤の2名を代表に決定した。

 男子の2枠目の決定は持ち越されて66kg級は海老沼ひとりの選考になったが、井上監督は100kg超級か、73kg級より下の軽量級で使うという構想を明らかにしていてGPデュッセルドルフ優勝の高市が入る可能性が残った。また阿部については「16年を見据えて強化していくが、2020年も十分に絡んで来れる選手なので。長期的なプランを立てて強化していくことも重要だと思う」と期待をする。

 ひとまず今回は海老沼が抜け出した状態だが、今後は高市、阿部を含めた三つ巴の戦いが熾烈さを増していくだろう。また女子48kg級の戦いも、世界選手権でどう進展するか目を離せない状況になった。

 こうして切磋琢磨する先には、柔道王国復活が見えてくるはずだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi