宇宙でアリはどう行動するか:研究結果

写真拡大

コロニー8個分のごく普通のアリが、国際宇宙ステーションへ送られた。アリの行動に対する、重力の影響を調べるためだ。その結果をまとめた論文が、ついに発表。

「宇宙でアリはどう行動するか:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

2014年、コロニー8個分のごく普通のアリが、米航空宇宙局(NASA)により国際宇宙ステーション(ISS)へ送られた。アリの行動パターンや動き方に対する微小重力の影響を調べるためだ。その実験結果が、科学誌『Frontiers of Ecology and Evolution』に3月30日付けで発表された。

論文によれば、アリたちは移動に苦労している様子が見られたものの、微小重力空間での歩行に関して「驚くべき能力」を示したという。とくに目を引いたのは、アリが体勢を崩し始めたときに、プラスティック表面との接触を取り戻す能力だ。

「アリが別のアリにしがみついてプラスティック表面に戻る様子がときおり見られた。戻ったあとは、体を平らにしてプラスティック表面にしがみつくことで、そこから離れないようにしているようだった」と、論文では述べられている。

地球にいるときと比べると、アリは宇宙では「探索をあまり行わず、回旋状の経路を取る傾向が強くなった」という。その理由として、微小重力環境では地面にとどまるのが難しいからだと考えられる。また、重力によってアリたちの局所的密度を判断する能力、つまり別のアリたちがどこにいるかを判断する力に影響が出たからとも考えられるという。

TAG

AntGravityISSSpaceWIRED UK