竹中平蔵経済財政・郵政民営化担当相は22日、ライブドアによるニッポン放送株の大量取得に絡み、外資の日本企業買収が話題になっていることに、「国内資本、外資とかそういう問題はない。基本的にしっかりとルールを守って正しい競争をしていただきたい」との見解を示した。閣議後の会見で、記者の質問に答えたもの。

 竹中氏は、時間外取引の見直しを金融庁が検討していることについて、「ルールに隙間があるのだったら、その隙間はしっかり埋めていくことが当然必要」と話した。

 また、中川昭一経済産業相は同日の記者会見で、敵対的買収への対抗措置について「別に外資排除という大前提でやっているわけではない。防衛策というものを今研究しているところ」と話した。同省の敵対的買収対策の論点公開は、3月中に行う見通しだ。【了】