『自然の精霊・コルボッコロ』

写真拡大

海外のクラウドファンディングサイト・Kickstarter(キックスターター)にて、4月2日より、自主制作アニメ『自然の精霊・コルボッコロ』の英語版制作プロジェクトが開始した。

【700万を集めた糸曽賢志が放つ! アニメ『コルボッコロ』英語版資金募集の画像・動画をすべて見る】

本作は、過去にKickstarterで700万円もの支援金額を集めた話題作『サンタ・カンパニー』の総監督をつとめた糸曽賢志さんが企画・監督したオリジナルアニメ。

今回のクラウドファンディングは、英語版へのローカライズ費用や、DVD・Blu-rayによる流通費用として、38万ドル(約452万円)を調達することが目的で、5月1日(金)まで支援を受け付けている。

10万ドル以上で幻のエピソードが実現!


a49346e8dc4000ffeb2873a0b44ce5ae.jpg

忌み嫌われる自然の精霊「コルボッコロ」。その力に対抗する唯一の手段である「巫女の一族」。そしてそれらの力を利用する「支配者」。何も知らぬまま力に憧れ、ひれ伏し生きる「人々」。

この物語は、自然が存在しなくなった街を舞台に、前述のコルボッコロや支配者など、さまざまな人々を巻きこんで起こるべくして起きたとある一日を、声優の加藤英美里さん演じる14歳の少女・鈴の目線で綴ったお話。

エコビジネスを育てるコンテスト「eco japan cup 2007」で準グランプリを獲得、2008年度の国際アニメーション映画祭「東京アニメアワード」では、企業賞を受賞。さらには若手アニメーターを発掘、育成する「動画革命東京」の第1期支援作品に選定されるなど、各方面から注目を浴びていた。

今回のクラウドファンディングでは、英語翻訳やDVD・Blu-ray化に加え、支援金額が10万ドル(約1200万円)を超えた場合、制作予算の都合で描かれなかったエピソードが追加されるとのこと。

支援者には、金額に応じて、アートブックやDVD・Blu-rayのプレゼント、エンドクレジットへの記名など、様々な特典が用意されている。本編の公開は、2016年6月を予定している。