スマートウォッチより便利かもしれない「スマートバッグ」

写真拡大

スマートバッグ「HiSmart」が、クラウドファンディングサイトの「Indigogo」で成功している。ストラップ部分に仕込んだリモコンで、スマホを手軽に操作できる。

「スマートウォッチより便利かもしれない「スマートバッグ」」の写真・リンク付きの記事はこちら

スマートフォンにはさまざまな使い方がある。例えばコートを預けたときの番号を忘れないように写真を撮ったり、友人とのやり取りを別の人に見せるためにスクリーンショットを送ったり、あるいは逃したくない電話を待っているときに、着信がすぐにわかるようにヘッドホンで音楽を聴いたり…。

香港を本拠とするサンフランシスコのデザイン会社、Lepow社の新しいバッグ「HiSmart」は、そうしたスマホの使いこなしをもっと楽にしようという発想でつくられた。

エルメスの「バーキン」のように、どこへ持って行っても恥ずかしくない品だとは言えないかもしれない。しかしこの通勤カバンは、バッグが「知能」をもったときどんなメリットが生まれるかを教えてくれる。

デザイナーのキファン・ダイとレイ・レイはHiSmartを、都市通勤者の生活を楽にするためにつくりだした。このカバンはバッグパックとしても、メッセンジャーバッグとしても使えるが、最も重要な機能はそのストラップにある。ストラップにはBluetoothチップが内蔵された銀色のディスク「HiRemote」が付いていて、スマホがバッグの底に埋もれていても、アプリ経由で通信できるのだ。

TAG

DesignSmartbagVideoWIRED US
YXC02_2_3

リモコンのインターフェイスはいたってシンプルだ。プラスとマイナスを押すと、音楽プレイヤーの音量のコントロールや、曲のスキップができる。三角印の部分は、電話の着信に応答するときに使う。そして、丸印の部分はその他の機能、たとえばクルマを停めた場所がすぐにわかるように位置情報を記憶させたり、内蔵マイクで音声メモを記録したりできるほか、カメラのシャッターボタンとしても使える。

つまり、このバッグのリモコンは、わたしたちがスマホに対して行う操作の一部を代わりに引き受け、画面をタップする動作を少しばかり便利な場所へ移動させたものと言える。

また、スマートフォンを見失ったときに、このバッグが手元にあれば、「バディ・システム」によってスマホのアラームを大音量で鳴らせる。そして、特に気が利いているのは、写真撮影に関する機能だ。スマートフォンをしかるべき場所にセットしたら、あとはバッグのリモコンボタンをタップするだけでシャッターが切れる。HiRemoteがあれば、この世に氾濫するあの「自撮り棒」を駆逐できるかもしれない。

ダイ氏によると、HiSmartバッグの特長は、ユーザーが常に両手を使えることにあるという。「スマートウォッチでも、実現のむずかしい機能がある。たとえばスマートウォッチでは、自転車に乗っているときに着信に応答したり、通話したりはできない」

HiSmartは、ウェアラブルデヴァイスとネットとつながった住居との間をつなぐガジェットだ。HiSmartにバッグとして魅力を感じなければ、お気に入りのバッグに「Smart Strap」を取り付けることもできる。

現在Lepow社は、クラウドファンディング・サイト「Indiegogo」で、HiSmartを商品化する資金を調達中だ。目標50,000ドルのところ、10日を残してすでに目標の3倍以上である160,000ドルを達成している。

189ドルの特別ディスカウント枠はすでに終了しているが、いまなら(2015年4月6日現在)199ドルを出資すれば、初期出荷分のHiSmartバッグを市販予定価格299ドルの33%引きで確保できる。

TAG

DesignSmartbagVideoWIRED US