吉本興業の創業者一族に国税庁が3億1千万円の申告漏れを指摘

ざっくり言うと

  • 吉本興業の創業者一族が、相続財産約3.1億円の申告漏れを指摘された
  • 指摘されたのは死去した林マサ氏の長男で、追徴税額は約9000万円とみられる
  • マサ氏が購入した賃貸マンションについて、約1.2億円と過少申告していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング