遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第51回】

 国内ロードレース選手権「Jプロツアー」の開幕戦を制したTeamUKYOは、3月下旬に海を渡り、ツール・ド・台湾に挑んだ。新たな選手を加え、昨年以上に充実した戦力となったTeamUKYOは、アジアの強豪の中でどのようなパフォーマンスを発揮したのか――。

 3月22日から26日まで、TeamUKYOはUCIアジアツアー[2.1](クラス1のステージレース)に分類されるツール・ド・台湾に参戦した。

 台湾、韓国、香港、イラン、オーストラリア、日本といったアジア環太平洋諸国に加え、アメリカやオーストリア、ドイツ、ベルギーなど欧米諸国から、計23ものプロコンチネンタルチームやコンチネンタルチームが参戦し、115選手がエントリーした。

 TeamUKYOからは、監督の片山右京を筆頭に、キャプテンの土井雪広、窪木一茂、サルバドール・グアルディオラ、オスカル・プジョル、パブロ・ウルタスンという陣容で臨んだ。全5ステージで争われるレースは、初日が台北市内に設定されたコースを周回するクリテリウム、2日目と3日目は多少の起伏を含む平坦基調のコース、そして4日目が上り勾配の続く厳しい山岳ステージで、最終日の5日目は序盤にアップダウンがあるものの、以後は再び平坦基調となるコース――というプロファイルだ。

 レースに先だち、監督の片山右京は、おそらく4日目の山岳ステージで総合優勝の行方が絞られてくるだろう、と話した。

「登りに強い選手がたくさんやってくるだろうから、厳しい戦いになるでしょうね。僕たちの陣容は、平地に強い窪木(一茂)やパブロ(・ウルタスン)は登りも大丈夫だし、クライマーのオスカル(・プジョル)がドカンと行ってくれる可能性もある。サルバ(・グアルディオラ)は登りと平地でしっかりとアシストできる選手だし、土井君はもちろん登りが強い。平地でも登りでも、どちらに振っても大丈夫な顔ぶれなので、現地に行ってみて、状況次第で作戦を組み立てます。

 もちろん、勝ちを狙って走りますが、プロコンチネンタルチームのドラパック(・プロフェッショナル・サイクリング/オーストラリア)や、山岳に強いイラン勢もいるので、きっと一筋縄ではいかない厳しいレースになるでしょうね」

 レース初日のクリテリウムは、ドラパックの選手が優勝。最後の集団スプリントに加わった窪木がタイム差なしの9位でゴールした。アジア勢では、イラン勢に続き3番手の成績だ。

 2日目は雨。ここから本格的なロードレースコースとなるが、この日はTeamUKYOのエース・土井が9位でゴール。個人総合で7位に浮上した。晴天に恵まれた3日目も、土井は好調な走りでチーム一丸となったアシストに支えられ、トップと3秒遅れの5位でゴール。個人総合順位も、さらにひとつ上げて6位とする。

 4日目は、2500メートル以上の標高差を登る苛酷な山岳ステージだが、雨と霧がレースをさらに厳しいものにした。TeamUKYOは総合順位で上位につける土井を全員で守り、牽引しながら最後の勝負どころまでエースを運んでいった。みんなのアシストに支えられた土井は、期待に応える走りを見せて13位でゴール。個人総合6位の位置をキープした。

 そして最終日は平坦基調のステージで、Jプロツアー開幕戦の宇都宮クリテリウムでも卓越した走りで優勝を飾った窪木が活躍し、12位でフィニッシュ。土井もタイム差のない集団でのゴールで、個人総合6位の座を守りきった。また、アシストに徹する走りをしたグアルディオラやウルタスン、プジョルも最終日まで完走。TeamUKYOはひとりのリタイヤもなく、全員が最後までツール・ド・台湾のレースを走りきった。

 この成績により、土井は20ポイントのUCIポイントを獲得した。UCIポイントは、チームや選手の実力をはかる指標にもなる。だからこそ、UCIレースに参戦する各チームや選手たちは、ポイント獲得を目指して必死になって走る。

 レース後、土井は自身のブログで、「ツアー・オブ・ジャパンや、今後やってくるレースに向け、チームとしてよりよい遠征になったことに満足です。また、チームだけでなく、日本の選手として、日本のためにポイントを少しでも獲得できたことにもほっとしています」と、今回のレースの成果を報告した。

 また、レース前に厳しい戦いになるだろうと予測していた片山右京も、まずまずの成果を挙げることができて安堵した様子で、「5日間、チームワークをテーマに力を発揮できて、大変嬉しく思っています。まだまだ始まったばかりですが、今年は今までと違う形でレース運びができています。選手全員で引き続き上を目指して頑張っていきます」とコメントした。

 次の戦いは、4月12日に開催されるJプロツアー第2戦「伊吹山ヒルクライム」。昨年と一昨年は、当時TeamUKYOに所属していたホセ・ビセンテが圧倒的な強さを見せて優勝を飾ったレースだ。今季からライバルチームのマトリックス・パワータグに移籍したビセンテに対して、過去最強の布陣で臨む今年のTeamUKYOは、はたしてどのような勝負を挑むのか。

 宇都宮と台湾で高いチーム力を発揮してきた彼らが、本来の目標としている欧州へたどり着くためには、伊吹山の頂点はあくまでも通過点のひとつに過ぎない――。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira