iOS、Android、PCのほか、Chromecastにも対応

写真拡大

海外製ハードウェア、ソフトウェアの輸入販売を手がけるフロンティアファクトリー(東京都新宿区)は、米Sling Media(スリングメディア)製のリモート視聴システム「Slingbox(スリングボックス)M1」を2015年4月10日に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は3万2800円前後(税別)。

外出先でテレビ放送、録画番組などを楽しめる

自宅のブルーレイレコーダーなどに接続してインターネットにつなげば、外出先でスマートフォン、タブレットやパソコン(PC)から、地上デジタル、BS、CSの各放送のほか録画番組などを楽しめる。映像出力解像度はフルHD(1080p)。再生機器はiOS、Android、Windows、Macの端末のほかGoogleのChromecastに対応。

設定にPCが必要だった従来型から、スマホやタブレットだけで環境設定できる仕様に変更。W-Fi接続(WPS対応)を備え、設置場所の自由度が高くなった。

コンポーネントビデオケーブル、D端子変換ケーブル、ステレオオーディオケーブル、赤外線リモコンケーブルが付属する。本機と専用HDMIコンバーター(コンポーネント出力・HDMI出力)をセットにしたパッケージ「HDMIセット」も同時発売。