マスターズ1000・マイアミ大会で、第4シードの錦織圭(ATPランキング5位、大会時)は第22シードのジョン・イズナー(24位)に4−6、3−6で敗れ、2年連続のベスト4進出はならなかった。

 今回初対戦となったイズナーは、最高時速228キロのサーブで、13本のサービスエースを放ったうえに、リターンやストロークも攻撃的に打って、錦織に「笑うしかない場面もありました」と言わしめ、つけ入る隙を見せなかった。

「僕は、圭を倒すために、自分のレベルを引き上げる必要があった。今日は"僕の日"だったね」

 イズナーは試合をこう振り返ったが、錦織としては第1セット第10ゲームと第2セット第2ゲームを、共にラブゲームでブレークを許してしまったのがキーとなった。イズナーのようなビッグサーバーのサーブが好調なときにワンブレークを許してしまえば、試合を支配されてしまう。

 身長208cmイズナーのサーブは、右腕とラケットの長さを含めれば約3mの高さから放たれることになり、錦織は「上から飛んで来る感じがあった」と言う。ワイドへのサーブは両サイド共により鋭角なコースになり、錦織は対処しきれなかった。

「サーブはまったく読めなかった。セカンドサーブも、かなり早いスピンサーブだった。なかなかチャンスを見出すのが難しかった」(錦織)

 錦織が2012年のデビスカップ・クロアチア戦で、身長211cmのイボ・カルロビッチと初対戦した時も、同じような展開だった。カルロビッチの高速サーブの前になす術なく4−6、4−6、3−6で敗れている。

 そもそも錦織は、得意のリターンからラリー戦に持ち込み、自分のストロークのリズムをつかんで攻撃していくプレースタイルだ。ビッグサーバーがサービスエースでポイントを決めてしまうと、錦織はリズムをつくることができず、波に乗ることができない。

 さらに、「リターンゲームで余裕がなかった」と振り返った錦織にとって、イズナーとは初対戦であったことも災いした。

 同じくビッグサーバーであるミロシュ・ラオニッチ(6位)とは何度も対戦しており、その場合、錦織はサービスエースを取られたポイントをすぐにあきらめ、次への切り替えがうまくできている。だが、イズナー戦ではそれができなかった。

 イズナーのようなビッグサーバーに対しては、まずタイブレークに持ち込むことが必要になる。タイブレークでは、1ポイントの重要性が増すため、プレッシャーが増し、相手が力んでサーブの入りが悪くなる場面が必ずあるはずで、そこを錦織が攻撃していくしかない。

 いずれにしても、マスターズ1000大会の準々決勝ともなれば、誰と対戦してもタフであることは間違いなく、今回対戦したイズナーも実力で勝ち上がってきた選手であり、錦織が格下に負けたという表現は適切ではないだろう。

「今週、いいテニスができていた。特にこういう選手(イズナーのようなビッグサーバー)とやる時は、本当にフィフティーフィフティーの試合だと思うので、しょうがないですね。相手が良かったことに尽きます。こういう日もある。ただ、もうちょっと自分も何か工夫ができたらよかったですけど」

 こう語った錦織は、4月6日付けのATPランキングで、5位から自己最高の4位に再び浮上する。昨年のマイアミで準優勝だったラファエル・ナダルが今年は3回戦で敗れたため、3位から5位へ落ちるからだ。

 普段ランキングのことを考えないようにしている錦織だが、今後4位をキープして、マスターズ1000大会やグランドスラムで第4シードを確保できれば、今季好調のノバク・ジョコビッチ(1位)やロジャー・フェデラー(2位)との対戦を準決勝まで回避できる。これは、大きな大会で優勝を目指す錦織にとって間違いなくアドバンテージになる。

 ダンテ・ボッティーニコーチは、錦織の4位について次のように語っている。

「(4位になることは)とてもよかったです。僕とマイケル(・チャン)と一緒に、圭はハードなトレーニングをやってきましたから。だけど、圭はまだそんなに喜んでいない。僕も、圭はさらに上を目指せるしもっと良くなると思う。これからも少しずつ、ですね」

 マイケル・チャンコーチも、錦織をさらなる高みへ導くことに意欲的だ。

「さらに上へ向かって、圭を引き続き奮い立たせ、年間をとおして身体を健康な状態で維持させたい。そして、彼の体調やテニスの調子に気をつけながら、より大きな目標を実現させたい」

 4月からは、ヨーロッパでクレーコートシーズンが始まる。錦織は昨年、ATPバルセロナ大会でクレーの初タイトルを獲得し、マスターズ1000・マドリード大会で準優勝。そこで初のトップ10入りをする躍進を遂げたため、ディフェンドすべきランキングポイントが多い。

「(クレーでは)また違ったテニスになりますけど、昨年のプレーを思い出して、またいい結果を出せたらいいですね」(錦織)

 今シーズン、マイアミ大会を終えた時点で、錦織は大会欠場がなく、出場した大会ではインディアンウェルズ以外は準々決勝以上進出の安定した結果を残している。トップ10プレーヤーになったことで試合数が増え、すでにマッチ20勝に達しているにもかかわらず、大きな故障がないのは、今までケガに悩まされてきた錦織にとって、大きな進化の証といえる。

「今のところ離脱しなくていいのは、自分でもびっくり。これから(体力的にきついのが)来るのかなというのを、ずっと感じながらやっています。体の調子は悪くないですし、このままの調子をキープしたい。トレーニングをしっかりやって、クレーシーズンに臨みたい」

 こう語る錦織のクレーでの戦いは、4月下旬のATPバルセロナ大会から始まり、5月下旬のローランギャロスまで続く。体力的にも精神的にも最もタフなサーフェスといわれるクレーで、トップ4になった錦織の実力が問われていく。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi