今年1月19日、クルム伊達公子が、伊達公子を抜いた――。

 彼女のWTAダブルスランキングのこれまでの自己最高は、1992年8月24日に記録した33位だったが、今年1月に28位になったのだ。

 ツアー3勝を挙げてダブルスが好調だった13年シーズン、クルム伊達は、44位までランキングを上げたときに、次のように語っていた。

「ここまで来たら、ダブルスは過去の自分を抜いてみたいですね。不可能ではないと思います」

 14年、USオープン(全米)で準決勝に進出し、34位でシーズンを終え、再び記録更新の可能性が高くなった。そして、15年1月のWTAシドニー大会で、カロリナ・プリスコバと組んでベスト4になった後、ついに記録を更新。クルム伊達の現役再チャレンジの中でも、大きな偉業のひとつとなった。

「なかなかそんなことができるわけでもないし、ましてや今の私の年齢(44歳)で、体力的に単複は簡単ではないです。体力的なことよりも、自分のプレーの質を上げたり、勝負勘を得たりするために、ずっとやってきました。そのなかで、自分自身を上回れる結果を出せたということに、満足しています」

 昨年秋から悩まされている右側大転子の滑液包炎の影響で、15年オーストラリアンオープン(全豪)では、「出口が見つからない」と涙を見せたクルム伊達だったが、その後もひとつの部位をかばうと他に悪影響が出て、右肩や左ひじにも痛みが発生した。数大会、痛みとの戦いが続いたが、WTAマイアミ大会(3月26日〜)では幸い痛みがひき、戦える状態になった。

「最近5週間では、いちばんいい状態が続いています。ただ、寝ている時だけは痛い。右肩は滑液包炎なので、飛行機の中とか圧迫がだめなんです。(寝ている時に)右肩を下にすると、圧迫されて痛くなり、逆に、左を下にするとひじが痛い。真っ直ぐ向いては、なかなかずっとは眠れないので、どちらかに向くたびに痛みを感じる」

 マイアミのシングルスでは、予選1回戦で敗れたクルム伊達だったが、ダブルスは、プリスコバと組んで本戦出場を果たした。

 第7シードのバボス/ムラデノビッチ組との1回戦では、10ポイントマッチタイブレークにまで勝負がもつれた。クルム伊達組が一度マッチポイントを握ったものの、結局、2−6、7−6、11−13で惜敗した。

「試合の中で痛みを感じることはなかった。勝負運がなかったことに尽きるかな」と振り返ったクルム伊達だが、試合後の会見では、右肩と左ひじをアイシングしている痛々しい姿であったにもかかわらず、その表情は暗くなかった。

 クルム伊達のランキングは、厳しい状況が続いている。シングルスのWTAランキングは122位(マイアミ大会時)だが、今回、昨年の30点をディフェンドできなかった。さらに、4月上旬には、昨年のWTAモンテレー大会ベスト4の110点をディフェンドしなければならないが、もしできないと、150位台まで落ちる可能性がある。

 そのため、マイアミ大会の後に帰国する予定を変更し、WTAチャールストン大会(アメリカ)の予選とWTAボゴタ大会(コロンビア)の本戦へ出場することにした。

「今のランキングで、本戦に入れる最後のチャンス。そのチャンスを逃すのはもったいない」とクルム伊達は語り、彼女が苦手にしているクレー大会の出場に踏み切り、あきらめない姿勢を見せている。

 今後ランキングを再び上げるために、クルム伊達はシングルスに専念することを念頭に置いている。

「ダブルスを捨てざるを得ない状況になってくるのかな。この先も、チャンスがあればダブルスは続けていきたい気持ちは当然あります。ただ、(過去の)自分(のランキング)を越えたというのもあるし、今はそういう時期じゃない。(ダブルスは)再び一からやっても、またある程度のところにいけるという手ごたえというか、自信も経験もある。いったんリセットしてもいいかな、とは思っています。今は、どうやって自分のシングルスのテニスを戻すかを優先せざるを得ない」

 クルム伊達は、5月下旬のローランギャロス(全仏)は予選からの出場になる可能性が高い。そのため、予選突破を狙って、全仏の前にこれまで最小限に抑えて来たレッドクレーでの試合に果敢に挑戦していく。

「今までの私だったら、行かないと言っていたと思うんですけど、行く覚悟を決めました」

 さらに、現状を打破するために、2月のWTAアカプルコ大会から、クリス・ザハルカ氏を新コーチに迎え、2010年の夏からツアーを一緒に回る中野陽夫コーチとのふたり体制になった。

「陽夫さんと話して、同じことを繰り返していても、難しい現実にぶつかってきているだけに、もっと新しい何かを、ということで、もうひとりチームに加えるという選択になった」

 今、クルム伊達は再びモチベーションを上げて、双眸(そうぼう)を未来に向けている。

「右側大転子の滑液包炎で(現役を)やめるのは、どうも踏ん切りがつかなかったんです。半分冗談で、半分本当ですけど」と振り返るクルム伊達に、引退という選択肢はなかった。

「ランキング云々より、自分の納得できるテニスがもう一度できるまでは、やめるつもりはないです。今は、突き進めるところまで行こうかなという覚悟ができています」

 誰もが認める厳しい状況に置かれているにもかかわらず、クルム伊達は現役再チャレンジを始めた頃のような明るい笑顔を見せた。クルム伊達の精神的な強さを、あらためて感じずにはいられない。この逆境に挑戦する姿勢こそ、クルム伊達の真骨頂なのだろう。
 
 クルム伊達の現役再チャレンジは、まもなく7周年を迎える。7年8カ月(1989年3月〜1996年11月)の伊達公子時代のキャリアと年月で並ぶことも十分ありうる。

「気持ちの面では、前の方がタフですけど、フィジカルやテクニックは、今の方がタフ。現在の女子テニスのなかで、(伊達公子のときと)ほぼ同じ年数できているというのは、毎回言っていますけど、奇跡に近い」

 果たして、クルム伊達は、次にどんな奇跡を見せてくれるのだろうか。今の前向きな彼女を見ていると、そんな期待を抱かずにはいられない。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi