トルコ人写真家が「イスラム国」拘束下の40日間を明かす

ざっくり言うと

  • トルコ紙の報道写真家が2013年、「イスラム国」に40日間拘束された
  • その体験を綴った書籍の中で、拘束中に親しくなった拉致犯もいたという
  • 「あの40日間は40年のように感じた」と綴っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング