仕事中のその一杯は気分転換になる?それともボディーブローになる?  Photo:sasaken-Fotolia.com

写真拡大

カフェラテを1日3杯
胃が痛くても止められない

 ここ最近、やる気が出ず、どうにもならないときがある…。そう話すAさんの食事記録を見せていただきました。

朝 スープ春雨、チーズちくわ
昼 カレーライス、サラダ、スープ
夜 わかめそば、納豆
間食 せんべい小1袋、ガム5つ、麦茶1リットル、緑茶500ml、カフェラテ2杯

朝 玄米入りごはん、お味噌汁(フリーズドライ)、ワッフル
昼 ボルシチ、野菜と生姜のスープ、白米
夜 お味噌汁(フリーズドライ)、枝豆、漬物
間食 カフェラテ1杯、麦茶1リットル、緑茶500ml

 適度に空腹の方が集中できる、という人もいれば、お腹が空いたらやる気が起きない、という人もいますよね。一方で、お腹が空いている・いないにかかわらず、仕事中に“気分転換”を“目的”として食事をしたり間食をしたり、という方も少なからずいらっしゃいます。

 Aさん(42歳)も「胃が弱くてたくさん食べられない」とおっしゃりながらも、気分転換にとお腹が減る前にもかかわらず無理に食事や間食をしてしまいがちでした。飲み物、特にカフェラテは1日平均2杯、多いときには3杯も飲むことがあり、そのせいでよく胃を痛めているとのこと…。
 
「それならば、無理して食べるのをやめましょう。カフェラテも控えましょう。間食も適量にしましょう」

 ……そう言うのは簡単ですが、それを実行するのはやさしいことではありません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)