“貯まらない女”一直線!? 「ムダだな……」と思っていてもやめられない習慣4つ

写真拡大

将来のためにも、毎月しっかりお金をやりくりしている女性は多いはず。でも、人によっては「ムダづかいだな……」と自覚していてもやめられない習慣がある、ということも。そこで今回は、女性のみなさんに「ムダづかいだと自覚していてもなかなかやめられない習慣」について聞いてみました。

■食べ物のちょこちょこ買い

・「毎日のおやつ代。食費の1/3を占めているので、減らしたいがやめられない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「コンビニでのホットスナックやお菓子の購入。おいしすぎてついつい……。太るとわかっていてもついつい……」(31歳/不動産/専門職)

・「コンビニでついスイーツを買ってしまう」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

コンビニなどで、食べ物をつい買ってしまう……という声が多数! 習慣化を自覚している人は、「ムダだな」と思いつつも、なかなかやめられないようです。

■おしゃれ代・美容代

・「ダイエット食品の購入。いつも途中でやめちゃうので」(27歳/金融・証券/営業職)

・「ハンドメイドアクセサリーを買うこと。使わないのに、どうしても集めたくなって買ってしまう」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

キレイになるための出費は大切ですが、続かなかったり、使わないことがわかっているのに新しく何か購入してしまう、というのはたしかにムダかも。自分が本当に必要なものだけ買うようにするだけで、だいぶ出費が抑えられそう。

■仕事の気分転換として……

・「仕事終わりのカフェでのコーヒー」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事の気分転換になるからと、毎日100円のジュースを飲むこと」(25歳/情報・IT/営業職)

仕事をがんばった自分へのごほうびとして、毎回何か買っているとなると、けっこうなお金を使ってしまっていることに。ごほうび出費は大切ですが、「ただ習慣化してしまっているだけ……」という場合は、回数を徐々に減らしてみるとよさそう。

■便利だけど、お金がかかるコンビニATM

・「土日や夜間など、手数料を取られてでもコンビニATMを利用すること」(24歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

1回にかかる金額はわずかでも、積み重なっていけばけっこうな金額に。手数料が無料の時間帯でお金をおろすようにしたいものです。

いかがでしたか? 自分自身「ムダだな」とわかっていてもやめられない習慣というのはいろいろあるようです。一度自分の支出を見直してみて、“貯まる”生活習慣を意識してみるといいかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数192件(22歳から34歳の働く女性)