お米や新酒、スイーツも!銀座アコメヤで春のおでかけが楽しくなるアイテムフェア開催

写真拡大 (全6枚)

春から初夏にかけて、行楽にぴったりのシーズン。お弁当を手にレジャーを楽しむ機会も多くなりそう。そんな時、訪れておきたいのが銀座のAKOMEYA TOKYO(以下、アコメヤ)。2015年4月8日(水)〜5月10日(日)の期間、「春の娯楽フェア」を開催するそう。ちょっとワクワクする響きに、どんなアイテムが並ぶのか、広報担当者に聞いてきた。
「フェア期間中、春の行楽におすすめのおにぎり弁当や新酒、新茶、和スイーツ、おすすめ春夏ファッションなど、『春の娯楽』をテーマにした商品を集めて紹介します」(同) 

例えば、強い粘りと甘みでおかずなしでも味わい深い「北海道産ゆめぴりか玄米(1kg)」(831円)や「特別栽培米 秋田県産ミルキープリンセス玄米(1kg)」(810円)など、冷めてももちもち、おいしいお米をセレクト。普段よく作るおにぎりでも、お米選びからこだわってみれば、いつもよりワンランク上の行楽弁当が出来上がる!


日本酒好きには、この時季ならではの新酒を。なかでも、石川県の「神泉 純米酒 あらばしり限定」(1620円)は特におすすめ。圧力をかけず自然の重力でしぼった純米を特別に商品化したというレアな逸品。アルコール度数は比較的低めながら超辛口で切れ味がよく、華やかな香りでフレッシュな味わいを楽しめるのだそう。

また、新酒を味わうなら酒器にもこだわりたいところ。伝統の技でモダンなデザインがいっそう引き立つ「三田村義広 江戸切子」(17280円〜)がラインナップする。4月18日(土)には、店内で職人・三田村氏のガラスカットの実演も予定されているので、伝統の技を直接目にするチャンス。新たな発見があるかもね。


さらに、AKOMEYA厨房(アコメヤちゅうぼう)では、春季限定で「春の娯楽スウィーツセット」(1296円)がお目見え。自家製わらびもちや、厳選された希少茶葉の製茶を行う九州の製茶問屋・山科茶舗の抹茶で作ったババロアなど、アコメヤこだわりの和スイーツ1品と逗子紅茶専門店・コンプリカータのフレーバーティー(薔薇の香り または シャンパンの香り)をセットで楽しむことができる。ショップスペースを巡ったあとは、味覚でも春を感じながらほっと一息ついてみては?


今回、紹介したのはほんの一部。まだまだ、春の娯楽を盛り上げてくれるアイテムが盛りだくさんだ。「軽やかな装い、行楽地へのお出かけ、新しいことへの挑戦など、想像するだけでワクワクとした気持ちになる“春”にぴったりの数々のアイテムを取り揃えています。この春、アコメヤで新しい発見や体験をしてみてはいかがでしょうか」(同) 


お出かけ前には、ぜひ「春の娯楽フェア」をのぞいてみて。お弁当づくりやレジャーなどに役立つアイテムが満載、いろんな春を楽しむヒントが見つかりそう。