芸能界新婚カップル12組 「マル秘初夜SEX」ナマ中継!!

芸能カップルのゴールインが続いている。アツアツの新婚生活の本当のスタートは、入籍の瞬間でも、結婚式の宴の後でもない。夫婦の契りは、初夜のやんごとなき結合をもって成立するのだ! くんずほぐれつ、めくるめくミッドナイト劇場を妄想中継ッ!!

推定Gカップの爆乳でオヤジ人気が爆発した、NHK『サタデー・サンデースポーツ』のメインキャスター・杉浦友紀アナ(31)が、かねてより交際中だった30代のNHK局員と、今春、結婚することが、この2月にわかった。

「清楚な笑顔と、あの爆乳。実はヒップもムッチリで、まさに男の理想とも言っていい杉浦アナを、ベットで独り占めできる男がいるなんて、羨ましすぎます」(芸能記者)

結婚後も、同番組から外れることはなく、"週末の女神"であり続けてくれるというから、一安心ではあるが、

「爽やかな笑顔の裏で、旦那に抱かれまくっているんだということを、つい想像してしまうので……これまで以上にエッチな気持ちで彼女を見てしまいそうですね」(前同)

ユリオカ氏も、まさに、そんな一人だという。

「彼女は、あのボディで、太い棒(バット)とタマを扱うようなスポーツのことを報じているわけです。ある意味、これは全国公開の羞恥プレイですから、視聴者がおかしな気持ちになるのも、当然なんです。さらに"人妻"というエッチな肩書きを手にしてしまい、より一層"オカズ"としての完成度が上がってしまいましたね」

それにしても気になるのは、やはり新妻の寝室である。

「31歳と、熟れに熟れたボディですから、濃厚な前戯と、強烈な突き上げでないと、とても満足できないんじゃないでしょうか」(前同)

1年半前、杉浦は、別のテレビマンとの"通い愛"がフライデーされていたが、

「彼が杉浦のマンションに通い、ベランダの洗濯物を取り込むなど、献身的に尽くしている様子が捕らえられていましたよね。ベッドでも男に徹底的にサービスするのが、彼女の流儀なのかもしれませんね」(女子アナウオッチャー)

ご主人は、NHKで美術系の業務を行っているというから、手先が相当に器用なはず。となると、やはり……。

「新婚初夜は、巧みすぎるフィンガーテクで開始5秒で潮を吹かせ、より激しく求めてきた新妻に、初めは焦らしつつ、いきなりズドン! 野外フェス好きと、実はノリのいい彼女も上になって腰を振りまくり、爆乳を激しく揺らしながら、ご主人のバットを強烈に締め上げることでしょうね」(前同)

甘美な締めつけを味わいながら、下から眺める爆乳が縦横無尽に暴れまくる様は、さぞや絶景だろう。羨ましすぎるゾ!!