株を始めようと口座を開き入金したのに 株が買えない初心者が陥る落とし穴とは?

写真拡大

口座を開設し入金をしたら、いよいよ売買注文だ。ここでは最も基本的な注文方法である成行(なりゆき)注文と指値(さしね)注文で、ビギナーが陥りがちな失敗例について解説しよう。

入金した額で買える株価なのに
注文が受け付けられないのはなぜ?

 売買を優先したい場合や、今の株価を見て「これくらいの株価なら多少上げ下げした株価でも構わない」と思った際に出すのが成行注文。

 だが成行注文の場合、その株がストップ高の株価で売買が成立した場合の購入額が入金されていないと注文はできない。図のように、みずほフィナンシャルグループ(100株単位)の株価は220.1円なので、手数料を入れても2万3000円あれば十分買えるのに、2万9000円超の残高があっても買えない事態が起こりうる。その理由は、値幅制限にあり、ストップ高になった場合の購入額が入金されていないと成行注文は受け付けてもらえないのだ。この日、ストップ高となった場合の株価は300.1円。つまり100株の成行買い注文なら3万10円(+手数料)以上の買い余力がないと注文は受け付けられないのだ。

 現在の株価や板情報を見て、「今なら多少上下しても220円程度で買えるだろうから、2万9000円も入金してあれば大丈夫」と思うと、買いそびれることになってしまう。

 そのストップ高の値幅は一律ではなく、前日の株価によって決まる。基本的に値幅制限は注文画面に表示され確認できるので、株価が1日でどれだけ上下する可能性があるのか注文前にチェックするようにしよう(表を参照)。

昨年の7月から始まった小数点付きの
株価に対して戸惑う人が続出!

 指値注文は今の株価より安い株価で買いたい場合の方法。希望する株価を入力する必要があるが、ビギナーや長年株を休んでいた人が戸惑うのが小数点付きの株価。

 昨年7月22日から大型株の一部で注文株価の刻みが変更され、株価が10銭単位や50銭単位の株が登場したのだ。ちなみに「220円10銭」なのか、「220.1円」なのか、呼び方は統一されていない。

 変更対象は東証1部の大型株指数のTOPIX100を構成する100社。3600弱ある上場企業の大半は無関係だが、ビギナーにもお馴染みの人気株が多く含まれているので株価の刻みは確認しておこう。

 通常の株と、TOPIX100銘柄の株価の刻みの違いは左の表のとおり。指値注文の場合、小数点以下を入れなくても注文は成立するが、例えば219円80銭で買えたかもしれないのに、小数点以下の株価を知らず220円と指値を入れたために20銭ほど高値づかみしてしまう可能性もある。逆に220円10銭で指値をしておけば買えたのに、小数まで入れず220円とだけ入力したために、買い逃してしまうことも。

 また指値注文で注意が必要なのは注文の有効期限。当日、買えなかった場合、翌日以降も同じ指値で注文を出したいのか、あるいは翌日の株価を見て別の指値で注文したいのかを選ぶことも可能になっている。

 ところで今好評発売中のダイヤモンド・ザイ5月号には、今株で儲けるための日本株入門&オススメ27銘柄が載っている。日本株入門では、失敗しない証券口座の選び方から注文方法、そしてROE、PER、PBRの意味から使い方まで、マンガと図解でわかりやすく完全ガイド。さらに、この号には「買っていい×買ってはいけない人気株500激辛診断」と「日経平均と上場全3577銘柄の最新理論株価」も載っている。日本株の上昇が続く今、本当に買っていい株を見つけてほしい。