【漫画】ラーメン食いてぇ…美少女モノから、泣ける作品まで“必読ラーメン漫画”3選

写真拡大

明治43(1910)年に浅草でオープンした「来々軒」から数え、100余年の歴史を刻んできた日本のラーメン。多様な進化を遂げたラーメン店のいくつかは、いまや欧米はおろか本場の中国・台湾でも「日式拉麺」として人気になっている。そんな国民食のラーメンが、もうひとつの日本のお家芸である漫画と結びつくのは自然な流れ。今回は注目作・定番作を合わせて“必読のラーメン漫画”を紹介させていただきたい。

ラーメンファンが選んだ! 首都圏“神7”ラーメン店

■最新トレンドは「美少女+ラーメン」!

おっさんが飯を食う『孤独のグルメ』から発展し、最近は『ワカコ酒』『幸腹グラフィティ』『くーねるまるた』など“若い女性がひたすら飯を食う”のがグルメ漫画のトレンド。そのラーメン特化型として注目されているのが『ラーメン大好き小泉さん』(鳴見なる/竹書房)だ。

女子高生・悠(ユウ)のクラスに転校してきたミステリアスな美少女・小泉さん。無口で無表情な彼女には“死ぬほどラーメンが好き”という秘密があった。いつも1人でラーメンを食べ歩き、ラーメンを食べている瞬間だけ笑顔になる小泉さん。彼女と仲よくなりたい悠も一緒に行動するうち、ラーメンの魅力に少しずつ触れていく……。

“美少女とラーメン”というシンプルな発想の作品だが連載スタートから人気は高く、初の単行本が発売された時は売り切れる書店が続出。「小泉さん1巻が買えなかった」というファンからの報告がツイッターなどで相次ぎ、ネットニュースで取り上げられるほどだった。

本作がブレイクした秘訣は、読者(とりわけ男性)のツボをことごとく押さえていたことだろう。まず日本人を虜にしてやまないラーメンを題材に取り上げたこと。そして美少女が孤独にラーメンをすするというギャップ。なにより“食べている時の表情が妙に恍惚としていてエロティック”というビジュアル面。そこに女子同士が仲よくする百合要素まで追加しているのだ。ラーメンに例えるならトッピング全部載せの豪華さである。

そんな目をひく要素を満載しながら、実はラーメン描写そのものは意外に濃くてマニアック。大人の事情なのか小泉さんたちが訪れるラーメン屋の看板が見えないことが多々あるが、読む人が読めば「ここは二郎だな」「この独特な内装は一蘭で間違いない」などニヤリとできる。小泉さんが語るラーメンのトリビアも豊富で読みごたえ充分だ。万人にオススメできるという点で、これを超えるラーメン漫画はないと言っていいだろう。

■ラーメン業界の内情を知りたいならこの一作!

先の『ラーメン大好き小泉さん』を入門書とするなら、ラーメン漫画の参考書は『ラーメン発見伝』(久部緑郎・河合単/小学館)だろう。ラーメン王の称号を持つ評論家の石神秀幸さんを協力者に迎え、あらゆる角度からラーメンの世界を深く掘り下げている。

主人公の藤本は幼いころからラーメンに魅せられている青年。普段はぐーたら商社マンとして過ごすが、退社後にはラーメン屋台をひいて開業のための修業に明け暮れる。そんなある日、会社でもラーメンを扱う事業の話が持ち上がり、藤本と佐倉(ヒロイン)が担当者に選ばれた。次々と降りかかる難題に対し、藤本たちはどう乗り越えていくのか……?

ごくあっさり言えば『美味しんぼ』のラーメン特化版である。エピソードの要素は大きく3つ。「会社のラーメン事業にまつわる難題を主人公の腕と閃きで解決」「ラーメン関係で困っている人を主人公が助ける」「ラーメンを中心に据えた主人公とヒロインの恋愛」がメインで、その過程として強力なライバルとの料理対決が展開される。

『美味しんぼ』の海原雄山に相当するキャラクターとして、ラーメン業界のトップランナーと言われる芹沢が登場。腹黒く傲慢な男だがラーメン作りの腕前と経験は圧倒的で、何度も藤本に苦渋を舐めさせる。この最強ライバルを藤本が乗り越えて独立開業の自信をつかめるかが見どころだ。

また、ラーメン作りを“経営者の視点”から見ているところが非常にユニーク。本作の料理バトルでもラーメン自体のおいしさが重視されるのは当然だが、それだけにとどまらない。素晴らしくうまいラーメンを作っても「うまさの主要因である食材が安定供給できない」「ラーメンの味が客層と合っていない」と判断されれば敗れることもあるのだ。その判定理由には説得力があり、ビジネスとしてのラーメン業を成功させるのがどれだけ厳しいのかを読者も知っていくことになる。

おいしさの面ではスープや麺作りからダシの取り方、果てはドンブリの色やネギの切り方まで。経営の面では座席数、行列の捌き方、営業時間帯まで。「味噌ラーメンの抱える構造的な欠陥」や「少ないスープから大量のラーメンを作る抜け道」など、きわどいネタにも事欠かない。ことラーメンに関する情報量で本作に並ぶものは存在しないと言える。どっしり腰を据えてラーメン漫画を堪能したい人には、本作とその続編の『らーめん才遊記』がイチオシだ。

■ネットで話題の“泣けるラーメン漫画”

『ラーメン大好き小泉さん』が取っ付きやすさ、『ラーメン発見伝』が情報量の多さを特徴とするなら、『ラーメン食いてぇ!』(林明輝/講談社)は“ドラマ性”を武器にした新機軸のラーメン漫画だ。

元は2014年に講談社コミックプラスで掲載された作品だが、後にWEBコミックサイト「モアイ」で無料配信を開始。公開されるやいなやネット上では「泣けた!」「感動した!」と絶賛の嵐。あまりの反響に単行本化が急遽決定したほどだという。

主人公は3人で、それぞれが別の場所で絶望的な状況にいるところから本作はスタートする。ひとりは海外での番組ロケ中に遭難して、死を待つばかりになった有名な料理研究家の赤星。ひとりは妻に先立たれ満足な味が出せなくなり、自殺を実行しようとするラーメン屋の老店主・紅。ひとりは親友から手ひどく裏切られ、自殺未遂した女子高生・茉莉絵。

無関係に見える3者だが、茉莉絵は紅の孫で、赤星はかつて取材で紅の店を訪れてラーメンの味に惚れ込んだという接点があった。そして数奇な運命は死を目前にした3人を再び結びつけていく。

「またあの店でラーメンを食いたい!」との一念で力を振り絞って、現地の人に偶然助けられた赤星。茉莉絵の自殺未遂を知らされ、自分が死ぬどころではなくなった紅。潰れゆく祖父のラーメン屋を継ぐという新しい生き甲斐を見つけた茉莉絵。奇跡的に生還した3人の距離は「ラーメン」を中心に少しずつ近づき、やがて感動の大団円を迎えるのだった……。

ハッピーエンドだとネタバレしてしまっても問題ないほどストーリー展開は波乱に満ちていて、またキャラクターも悩みを抱えながら生き生きと躍動している。ちょっと他では味わえないハイレベルな漫画である。

かくいう筆者自身も「ネットで大評判? そうそうおもしろい漫画なんて出てくるはずないだろ」と思いつつ読み始め、一度も休まずラストまで読破してしまったひとりだ。そして最終話のあるコマを見た瞬間、泣けた。まさしく看板に偽りなし。いま一番ホットなラーメン漫画だと太鼓判を押したい。