エヴァンゲリオン初号機に投影される迫力の映像

写真拡大

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)で2015年4月25日から、アニメ映画シリーズ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を題材にしたアトラクション「エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング」を同園の施設「EVANGELION:WORLD」でスタートする。

6台のプロジェクター、オリジナルストーリーを上演

高さ約9メートル、幅約16メートルのエヴァンゲリオン初号機の実物大立体胸像とそのバックの壁面に、6台のプロジェクターを使って映像を投影する。胸像の凹凸に重なる映像に、レーザーなどの様々な演出が掛け合わさり、屋内ならではの迫力の映像を楽しめる。

ストーリーはオリジナルで、ゲストが視察団となって「富士急ハイランド基地」を訪れるところから始まる。「葛城ミサト」と「碇シンジ」の掛け合いによる和やかな視察の最中、突然警報音が鳴り響く。未確認飛行物体の出現に、緊急発進する初号機だったが...。

公開初日の4月25日には、「EVANGELION:WORLD」でオープニングイベントが予定されている。

上映時間は約6分。入館料は800円(フリーパス利用可)。